コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三舎を避く さんしゃをさく

大辞林 第三版の解説

さんしゃをさく【三舎を避く】

〔左氏伝 僖公二十三年
相手を尊んで、あるいはおそれて自分の位置を下げる。おそれはばかって避ける。相手に遠く及ばないと認めて引き退く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三舎を避く
さんしゃをさく

辞退したり、しりごみをすること、転じて、謙遜(けんそん)して相手に一目置くことをいう。三舎の距離だけ退くというのが原義で、一舎は30里(日本の約5里)に相当する単位であるが、これは、古代中国の軍隊が1日行軍して宿舎したことに由来し、三舎は3日分の行程にあたるため、この語は戦意のないさまの形容となった。『左伝』「僖公(きこう)二十三年」に、楚(そ)の人質となった晋(しん)の公子重耳の言として、「晋楚(しんそ)は兵を治めて中原(ちゅうげん)に遇(あ)わば、君を避くること三舎せん」などとある。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三舎を避くの関連キーワード左氏伝三舎相手

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android