謙遜(読み)ケンソン

デジタル大辞泉の解説

けん‐そん【謙遜】

[名・形動](スル)へりくだること。控え目な態度をとること。また、そのさま。「謙遜して何も語らない」
「(小サナ花ハ)きわめて―な、有るか無きかのものである」〈寅彦病室の花〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんそん【謙遜】

( 名 ) スル
自分の能力・価値などを低く評価すること。控えめに振る舞うこと。 「 -した言い方」 〔類義の語に「卑下」があるが、「卑下」は自分自身を低くし卑しめる意を表す。それに対して「謙遜」は自分の能力や功績などをおごらず、控えめに振る舞う意を表す〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けん‐そん【謙遜】

〘名〙
① (形動) へりくだること。卑下すること。ひかえめにすること。また、そのさま。謙譲。謙退
※応永本論語抄(1420)述而第七「其辞謙遜すること心の誠より出たり」
※病室の花(1920)〈寺田寅彦〉「小さい花が簇生して居るが、それは極めて謙遜な、有るか無きかのもので」 〔漢書‐東方朔伝〕
キリスト教で、おそれをいだいて、神のあわれみを請うこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

謙遜の関連情報