謙遜(読み)ケンソン

デジタル大辞泉の解説

けん‐そん【謙遜】

[名・形動](スル)へりくだること。控え目な態度をとること。また、そのさま。「謙遜して何も語らない」
「(小サナ花ハ)きわめて―な、有るか無きかのものである」〈寅彦病室の花〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

けん‐そん【謙遜】

〘名〙
① (形動) へりくだること。卑下すること。ひかえめにすること。また、そのさま。謙譲。謙退。
※応永本論語抄(1420)述而第七「其辞謙遜すること心の誠より出たり」
※病室の花(1920)〈寺田寅彦〉「小さい花が簇生して居るが、それは極めて謙遜な、有るか無きかのもので」 〔漢書‐東方朔伝〕
② キリスト教で、おそれをいだいて、神のあわれみを請うこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報