謙遜(読み)けんそん

精選版 日本国語大辞典「謙遜」の解説

けん‐そん【謙遜】

〘名〙
① (形動) へりくだること。卑下すること。ひかえめにすること。また、そのさま。謙譲謙退
※応永本論語抄(1420)述而第七「其辞謙遜すること心の誠より出たり」
病室の花(1920)〈寺田寅彦〉「小さい花が生して居るが、それは極めて謙遜な、有るか無きかのもので」 〔漢書‐東方朔伝〕
キリスト教で、おそれをいだいて、神のあわれみを請うこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「謙遜」の解説

けん‐そん【謙遜】

[名・形動](スル)へりくだること。控え目な態度をとること。また、そのさま。「謙遜して何も語らない」
「(小サナ花ハ)きわめて―な、有るか無きかのものである」〈寅彦・病室の花〉
[類語]卑下へりくだる謙譲敬譲控え目慎ましやか恭しい慎ましい遠慮深い消極的丁寧ご丁寧ばか丁寧丁重慇懃しとやか懇ろ謙虚敬虔恭謙慎み深い低姿勢腰が低い控え目つましい質素簡素地味つづまやか質実清貧ハンブル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android