コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行程 ギョウテイ

3件 の用語解説(行程の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎょう‐てい〔ギヤウ‐〕【行程】

道のり。こうてい。
「―猶数里あり」〈織田訳・花柳春話

こう‐てい〔カウ‐〕【行程】

目的地へ行くまでの距離。道のり。「歩いて約一時間の行程
(比喩的に)ある目標に達するまでの過程。里程。道程。「行程表(=ロードマップ)」
旅行などの日程。
ピストンなどの往復する距離。ストローク

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうてい【行程】

目的地までの距離。みちのり。 「八時間の-」 「 -がはかどる」
旅行の日程。
往復機関で、シリンダー内をピストンが一端から他端まで動く距離。ストローク。衝程。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の行程の言及

【ガソリンエンジン】より

…このほか蓄電池の代りに永久磁石式交流発電機を用いたマグネット点火装置もオートバイなどに利用されている。
[4サイクル方式と2サイクル方式]
 ピストンが往復する際の最上位置,最下位置をそれぞれ上死点,下死点,その距離およびピストンの運動を行程と呼び,また一連の吸気・圧縮・膨張・排気過程をサイクルという。一つのサイクルを四つの行程により行うエンジンを4サイクルエンジン,また独立した吸・排気行程をもたず,ガス交換を圧縮・膨張行程中の下死点近くで行ってしまうものを2サイクルエンジンと呼ぶ。…

※「行程」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

行程の関連キーワード経由前途前途遼遠歩武密行路程心行く迄寄道ガウスの結像公式(レンズ)レンズの方程式

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

行程の関連情報