行程(読み)こうてい

精選版 日本国語大辞典 「行程」の意味・読み・例文・類語

こう‐てい カウ‥【行程】

〘名〙
目的地までの道の長さ。みちのり。また、比喩的に、ある目標に達するまでの過程。里程。道程
※続日本紀‐養老二年(718)五月庚子「而其道経伊与国、行程迂遠、山谷険難」
旅行などの日程
※行人(1912‐13)〈夏目漱石塵労「私は行程(カウテイ)を逆にして、まづ沼津から修善寺へ出て」
蒸気機関内燃機関などのピストンが往復運動する距離ストローク

ぎょう‐てい ギャウ‥【行程】

〘名〙 みちのり。こうてい
源平盛衰記(14C前)四一「行程(キャウテイ)三里をば過ぎざりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「行程」の意味・読み・例文・類語

こう‐てい〔カウ‐〕【行程】

目的地へ行くまでの距離。道のり。「歩いて約一時間の行程
(比喩的に)ある目標に達するまでの過程。里程。道程。「行程表(=ロードマップ)」
旅行などの日程。
ピストンなどの往復する距離。ストローク。
[類語]道のり道程旅程距離日程スケジュールプログラム予定工程段取り運び

ぎょう‐てい〔ギヤウ‐〕【行程】

道のり。こうてい。
「―猶数里あり」〈織田訳・花柳春話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「行程」の読み・字形・画数・意味

【行程】こうてい

道のり。

字通「行」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典(旧版)内の行程の言及

【ガソリンエンジン】より

…このほか蓄電池の代りに永久磁石式交流発電機を用いたマグネット点火装置もオートバイなどに利用されている。
[4サイクル方式と2サイクル方式]
 ピストンが往復する際の最上位置,最下位置をそれぞれ上死点,下死点,その距離およびピストンの運動を行程と呼び,また一連の吸気・圧縮・膨張・排気過程をサイクルという。一つのサイクルを四つの行程により行うエンジンを4サイクルエンジン,また独立した吸・排気行程をもたず,ガス交換を圧縮・膨張行程中の下死点近くで行ってしまうものを2サイクルエンジンと呼ぶ。…

※「行程」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android