コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三色紙 サンシキシ

大辞林 第三版の解説

さんしきし【三色紙】

古筆で特に尊ばれる三種の色紙。伝小野道風筆の継つぎ色紙、伝紀貫之筆の寸松庵すんしようあん色紙、伝藤原行成筆の升ます色紙の三つ。もと冊子本であったものの断簡。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の三色紙の言及

【寸松庵色紙】より

…古筆の一つ。縦横10cmほどの正方形の唐紙(からかみ)に《古今集》の中の歌各1首を書したもので,継(つぎ)色紙,升色紙とあわせて三色紙といわれる名品。ただし,色紙といっても後世のいわゆる色紙とは違い,升形両面書写の冊子本をばらし,かつ表裏剝ぎ分けたものである。…

【継色紙】より

…古来の鑑定では小野道風筆とされているが,実際は下って院政期の書であろう。寸松庵色紙,升色紙とあわせて三色紙といわれる。【田村 悦子】。…

※「三色紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三色紙の関連キーワード寸松庵色紙散らし書き継色紙升色紙三種断簡

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android