コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古筆 コヒツ

デジタル大辞泉の解説

こ‐ひつ【古筆】

古人の筆跡。特に、平安時代から鎌倉時代にかけて書かれた和様書道のすぐれた筆跡をいう。
古筆見(こひつみ)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

古筆【こひつ】

平安〜鎌倉期に書かれた和様書道の名品をさし,特にその中で仮名書きのものだけをさすこともある。桃山〜江戸初期に茶掛(ちゃがけ)として愛好され,巻物や冊子が掛幅に仕立てられるように切断されて古筆切(ぎれ)ができた。
→関連項目石山切高野切三十六人集継色紙

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こひつ【古筆】

広義には,古い筆,古人の筆跡,古筆見(鑑定家)の略であるが,歴史的には室町時代もしくは慶長期(1596‐1615)以前の和様の書に限定して用いることが多い。〈古筆〉という語は古人への追懐と,その芸術性に対する尊敬の念をこめ鎌倉時代末ころから用いられていたが,室町時代に公家を中心に古典に対する関心が深まり,また戦乱などによって都にある多くの書画が失われると,昔の筆跡への関心が高まり,巻物の一部でも切り取って収集し手鑑などにはり込んで鑑賞することが盛んになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こひつ【古筆】

昔の人の筆跡。特に、平安時代から鎌倉時代にかけてのすぐれた筆跡。主に和様書道の草仮名のものにいう。
「古筆見」の略。

こひつ【古筆】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古筆
こひつ

広義では古人の筆跡の意であるが、書道史では、平安から鎌倉時代、伏見(ふしみ)天皇(1265―1317)のころまで、約400年間の和様の名筆に限定される。和歌集がもっとも多く、ついで漢詩文で、物語はきわめて少ない。藤原伊行(これゆき)の「ものがたりは手書(てが)かかぬ事也(なり)」(『夜鶴庭訓抄(やかくていきんしょう)』)のことばがその理由を物語る。これらはもともとは巻子本や冊子本の完全な形であったが、安土(あづち)桃山時代に勃興(ぼっこう)した茶の湯の盛行につれて、しだいに切断されていった。古筆切(こひつぎれ)とよばれるその断簡は、掛幅仕立てにされ、それまでの墨蹟(ぼくせき)や唐絵(からえ)にかわって茶掛とされるのである。要因として、茶人と和歌、連歌(れんが)など文芸とのかかわり合い、季節感を尊ぶ茶の湯に四季を詠じた和歌が適合した点などが考えられる。一方、古筆切そのものの愛好熱も高まり、人々は競って手に入れようとした。権力、財力のある者ほど多数のコレクションを誇り、なかでも豊臣秀次(とよとみひでつぐ)(1568―95)は狂信的な古筆マニアであった。この古筆切の保管、そして系統的に鑑賞するために、便利な古筆手鑑(てかがみ)が考案された。手は筆跡、鑑は亀鑑(きかん)、あるいは鏡のように開けばいつでも見られるものの意。すなわち筆跡のアルバムである。厚手の紙を用いて大型の帖(じょう)をつくり、一定の配列順序に従って、収集した古筆切を貼(は)っていく。古来有名な手鑑に『翰墨城(かんぼくじょう)』(311葉、MOA美術館)、『見ぬ世の友』(229葉、個人蔵)、『藻塩草(もしおぐさ)』(242葉、京都国立博物館。以上いずれも国宝)などがある。
 このように古筆切の需要が多くなるほどに、古筆は盛んに切断される。それに伴い、その古筆切の真贋(しんがん)、筆者を鑑定する作業が必要となり、その専門家が求められていく。古筆家(こひつけ)の登場である。初代は平沢弥四郎(やしろう)改め古筆了佐(りょうさ)(1572―1662)で、以後、一子相伝、「了―」の一字を襲名し、長く家業として伝えられた。豊臣秀次が与えた純金という伝説の「琴山(きんざん)」印を押した極札(きわめふだ)には、切の筆者の名とその切の書き出し、特徴などが記入された。古筆家歴代のなかでもとくに了佐の鑑識眼は鋭く、名品が多い。また、古筆切には名称が与えられたが、所蔵者の名にちなんだり(本阿弥(ほんあみ)切など)、伝来した地名(高野(こうや)切など)、切断されたとき(昭和切など)、書風の特色(針切など)、料紙の特色(香紙切など)というように、さまざまにくふうされている。伝称筆者については、今日の研究では疑わしい場合がきわめて多いが、切名とともに、数ある写本を区別する一つの方便として、国文学のうえでも甚だ有効である。たとえば、905年(延喜5)に撰進(せんしん)された『古今和歌集』は、平安時代書写の古筆としては現在33本が確認されているが、「伝紀貫之(きのつらゆき)筆 高野切」「伝藤原行成(ゆきなり)筆 古今集切」などとよべば、確実に一つの写本を特定するからである。
 また、書芸術として古筆をみた場合、ことに11世紀のものには優れた筆跡が多い。美しい字形、洗練された線は、他の時代を卓越した水準の高さがある。現在の仮名書道を志す者にとって、最高の規範、永遠の理想となっている。[尾下多美子]
『小松茂美著『古筆』(1972・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の古筆の言及

【古筆了佐】より

…桃山~江戸時代の古筆鑑定家。近江国に生まれる。…

※「古筆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古筆の関連キーワード元永本古今和歌集粘葉本和漢朗詠集曼殊院本古今集藍紙本万葉集関戸本古今集原田九郎兵衛森川如春斎森川如春庵田中 親美田中親美古筆了祐古筆了周歌書羽織相沢春洋古筆了珉植村和堂大倉好斎畠山箕山熊谷直行古筆了仲

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古筆の関連情報