コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原行成 ふじわらの ゆきなり

美術人名辞典の解説

藤原行成

平安中期の朝臣・書家。太政大臣伊尹の孫、右近衛少将義孝の長男、母は中納言源保光の娘。従五位下・蔵人頭・権中納言・太宰権帥に進み、権大納言に至る。書家としても優れ、権跡と呼ばれて尊ばれた。外祖父源保光の旧宅を寺にして世尊寺と称したことにより、行成に始まる書流を世尊寺流という。小野道風藤原佐理と共に三蹟の一人。日記『権記』は宮廷を知る重要史料である。『東宮年中行事』の著書がある。万寿4年(1028)歿、56才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふじわら‐の‐こうぜい〔ふぢはら‐カウゼイ〕【藤原行成】

ふじわらのゆきなり

ふじわら‐の‐ゆきなり〔ふぢはら‐〕【藤原行成】

[972~1028]平安中期の公卿・書家。名は「こうぜい」とも。伊尹(これただ)の孫。三蹟の一人で、その筆跡を歴任した権中納言・権大納言から権跡(ごんせき)という。和様書道の完成者で、世尊寺流の祖。日記に「権記」がある。遺墨白氏詩巻」「本能寺切(ほんのうじぎれ)」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

藤原行成【ふじわらのゆきなり】

平安中期の書家,三蹟の一人。〈こうぜい〉とも。参議,権大納言等を歴任,正二位に上った。学才と能書で知られ,斉信,公任,俊賢とともに四納言と呼ばれた。小野道風の書に時代に合った明るさを加えて上代様を完成,世尊寺流として継承された。
→関連項目康尚入木道尊円親王本朝世紀升色紙

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原行成 ふじわらの-ゆきなり

972-1028* 平安時代中期の公卿(くぎょう),書家。
天禄(てんろく)3年生まれ。藤原義孝の子。母は源保光(やすみつ)の娘。長保3年(1001)参議。のち正二位,権(ごんの)大納言となる。多芸多才で藤原公任(きんとう),藤原斉信(ただのぶ),源俊賢(としかた)らとともに一条朝の四納言と称された。書は三蹟のひとりで,筆跡は権蹟(ごんせき),書風は世尊寺流とよばれる。真跡に「白氏詩巻」など。万寿4年12月4日死去。56歳。日記に「権記」。

藤原行成 ふじわらの-こうぜい

ふじわらの-ゆきなり

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原行成

没年:万寿4.12.4(1028.1.3)
生年:天禄3(972)
平安中期の公卿。義孝と中納言源保光の娘の子。生後2年で父と死別し不遇な青年期を送った。長徳1(995)年,24歳の若さで蔵人頭に抜擢されたが,これには,藤原実方と殿上で口論となった際,冠を投げすてられても冷静さを失わなかった行成の態度に感じ入った一条天皇が重用したとか,前任者源俊賢の推挙によるといったことが挙げられる。俊賢の恩を感じ,一時期位階が上になったとき上席に座らなかったという。長保3(1001)年参議となり,19年後権大納言に任じられている。権者藤原道長の信任は厚く,彰子上東門院の立后に際しては大いに画策したことに気をよくした道長は子の代まで兄弟のような処遇をすると約束した。道長家への奉仕に余念なく,道長の子長家を女婿とした。道長と同日に死去した。和歌だけは少し劣っていたと『大鏡』に記される。能書家として知られ,その筆跡は「権跡」(極官にちなむ)といわれ,小野道風,藤原佐理と共に三蹟とうたわれた。現存の真蹟は国宝の「白氏詩巻」ほか少ない。その日記『権記』は道長時代の政治を知るうえで重要である。『枕草子』にも実直ながら茶目っ気のある蔵人頭時代の行成が顔をみせる。邸宅は平安京左京の一条大宮にあった母方の桃園第で,この一郭を寺院としたのが世尊寺。行成の書の流派を世尊寺流と呼ぶのはこれにちなむ。<参考文献>清水好子「政治家藤原行成とその環境」(『国文学』50号)

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのゆきなり【藤原行成】

972‐1027(天禄3‐万寿4)
平安中期の廷臣,書家。〈こうぜい〉とも呼ばれる。父は藤原義孝(摂政伊尹(これただ)男),母は源保光女。祖父伊尹は彼の誕生の年に没し,父にも幼時に死別,また叔父義懐は花山天皇外戚として力があったが,兼家一門の謀計譲位が行われると出家したので,外祖父保光の庇護の下に成長した。やがてその才能を認められ,995年(長徳1)前任者源俊賢の推挙で蔵人頭に抜擢され,以後弁官も歴任し活躍する。一条天皇,左大臣藤原道長の信任厚く,道長女彰子立后の際の彼の上奏は効果があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふじわらのゆきなり【藤原行成】

〔名は「こうぜい」とも〕 (972~1027) 平安中期の書家。伊尹これただの孫。正二位権大納言。小野道風・王羲之を学んで、和様書道を完成。のちに世尊寺流と呼ばれ和様の主流をなす。その筆蹟を権蹟ごんせきという。三蹟の一。遺墨「白氏詩巻」ほか多数。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原行成
ふじわらのゆきなり

[生]天禄3(972)
[没]万寿4(1027).12.4.
平安時代中期の廷臣,書家。「こうぜい」とも読む。伊尹 (これただ) の孫で義孝の子。寛和2 (986) 年に 16歳で昇殿を許されてから蔵人頭,参議,中納言を経て正二位権大納言にのぼった。故実に明るく詩文の才能にすぐれていたので,世に「四納言」の一人とたたえられた。書家としても名高く,小野道風,藤原佐理とともに「三跡」の一人。その書風は世尊寺流として後世に伝えられた。『粘葉本和漢朗詠集』などの伝称作品をはじめ,寛仁2 (1018) 年の書写奥書のある『白楽天詩巻』,日記『権記』などの作品がある。またその詩は『本朝麗藻』にみえるが,漢詩の秀句を集めた「行成詩稿」が残っている。日記『権記』は,当時の政治や制度を知る史料。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の藤原行成の言及

【藤原行成】より

…平安中期の廷臣,書家。〈こうぜい〉とも呼ばれる。父は藤原義孝(摂政伊尹(これただ)男),母は源保光女。祖父伊尹は彼の誕生の年に没し,父にも幼時に死別,また叔父義懐は花山天皇の外戚として力があったが,兼家一門の謀計で譲位が行われると出家したので,外祖父保光の庇護の下に成長した。やがてその才能を認められ,995年(長徳1)前任者源俊賢の推挙で蔵人頭に抜擢され,以後弁官も歴任し活躍する。一条天皇,左大臣藤原道長の信任厚く,道長女彰子立后の際の彼の上奏は効果があった。…

【権記】より

藤原行成の日記。書名は行成の極官,権大納言にもとづく。…

【三蹟】より

…平安中期の能書家,小野道風藤原佐理(すけまさ),藤原行成(ゆきなり)の3人,またその書をさす。中国や日本では名数が好まれたが,書道のうえでも平安初期の嵯峨天皇,橘逸勢(はやなり),空海が〈三筆〉と称され,〈三蹟〉はこれに対応する。…

【書】より

…また,嵯峨天皇より約1世紀を経た醍醐天皇には,《白氏文集》を大字で揮毫した巻物が遺存するが,草書の率意の書でまったく和風の線質となり,小野道風の《玉泉帖》に通ずるところが見え,和様書道の成立期にいたったことを物語っている。この時期が三蹟(小野道風,藤原佐理(すけまさ),藤原行成(ゆきなり))の時代で,道風によって代表される。その筆《三体白氏詩巻》に見える和様の楷書は,滑らかな線質で唐風の鋭利な感触を払拭した丸やかな書体である。…

【世尊寺流】より

藤原行成の子孫を中心とする書の流派。中国から伝わった書道は,平安時代中ごろにいわゆる和様となるが,それは三蹟の小野道風,藤原佐理,藤原行成において顕著であった。…

※「藤原行成」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤原行成の関連キーワード京都府京都市中京区下本能寺前町藤原行成(ふじわらのこうぜい)三蹟(三跡)関戸本古今集三蹟・三跡丹波重雅和様書道法性寺流行成紙行成様王羲之源経頼三色紙三賢故実寛和枯草三筆

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤原行成の関連情報