コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三葉黄蓮 ミツバオウレン

デジタル大辞泉の解説

みつば‐おうれん〔‐ワウレン〕【三葉黄×蓮】

キンポウゲ科の常緑多年草。高山樹下などに生える。葉は倒卵形の3枚の小葉からなる複葉。夏、高さ約10センチの花茎を伸ばし、白い花を1個開く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みつばおうれん【三葉黄蓮】

キンポウゲ科の小形常緑多年草。針葉樹林や高層湿原に生える。根茎は細く横にはい、黄色で苦みがある。葉は三出複葉。晩春、白花を開き、袋果を結ぶ。根茎をオウレンと同様に健胃薬とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

三葉黄蓮 (ミツバオウレン)

学名:Coptis trifolia
植物。キンポウゲ科の常緑多年草,高山植物,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

三葉黄蓮の関連キーワード針葉樹林高層湿原オウレン健胃薬晩春袋果根茎白花

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android