コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三角(みすみ)港

デジタル大辞泉プラスの解説

三角(みすみ)港

熊本県にある港。宇土半島の先端部に位置し、天草大矢野島を臨む。明治期には国際貿易港として発展。1953年9月設立。港湾管理者は、熊本県。重要港湾(1951年1月指定)。港湾区域面積は、1,060ヘクタール。西港と東港の2地区からなり、歴史ある西港の港湾施設は国の重要文化財の指定も受けている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の三角(みすみ)港の言及

【宇土半島】より

…沿岸ではノリ,アサリの養殖が盛んで,長浜,赤瀬,大田尾の海水浴場がある。国道57号線とJR三角線が通じ,先端の三角港は明治以降熊本の海の玄関口,貿易港として発展,1929年に重要港湾に指定された。66年の天草五橋の完成で,阿蘇~熊本~長崎を結ぶ観光ルートの中継地ともなった。…

※「三角(みすみ)港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三角(みすみ)港の関連キーワード三角大矢野海辺県立自然公園熊本県上天草市九州横断道路熊本県宇城市三角[町]三角ノ瀬戸富岡敬明宇城市維和島百貫石寺島三角

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android