三角(みすみ)港

デジタル大辞泉プラスの解説

三角(みすみ)港

熊本県にある港。宇土半島の先端部に位置し、天草大矢野島を臨む。明治期には国際貿易港として発展。1953年9月設立。港湾管理者は、熊本県。重要港湾(1951年1月指定)。港湾区域面積は、1,060ヘクタール。西港と東港の2地区からなり、歴史ある西港の港湾施設は国の重要文化財の指定も受けている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の三角(みすみ)港の言及

【宇土半島】より

…沿岸ではノリ,アサリの養殖が盛んで,長浜,赤瀬,大田尾の海水浴場がある。国道57号線とJR三角線が通じ,先端の三角港は明治以降熊本の海の玄関口,貿易港として発展,1929年に重要港湾に指定された。66年の天草五橋の完成で,阿蘇~熊本~長崎を結ぶ観光ルートの中継地ともなった。…

※「三角(みすみ)港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android