コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇土半島 うとはんとう

6件 の用語解説(宇土半島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇土半島
うとはんとう

熊本県中部,八代海有明海を分ける半島。宇土市宇城市に属し,西端の良港三角港は天草五橋への基点。北岸はノリとアサリの養殖が主産業で,海水浴場がある。南岸は八代海に面し,ブドウミカンの果樹園が多く,漁業集落の松合は不知火で有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うと‐はんとう〔‐ハンタウ〕【宇土半島】

熊本県中部から天草諸島に向けて突き出す長さ約18キロメートルの半島。北部は島原湾、南部は八代海に面する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宇土半島【うとはんとう】

熊本県中部の半島。南西方に突出し長さ約18km,天草五橋天草諸島と結ばれ,島原湾八代(やつしろ)海を分ける。200〜300mの丘陵性山地と小火山からなり,木材などを産し,南岸でミカン,ブドウ,ビワなどを産する。
→関連項目宇土[市]熊本[県]不知火[町]三角[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

うとはんとう【宇土半島】

熊本県中部から南西に天草諸島方向へ突き出た幅約4~8.5km,長さ約18kmの陸橋状の半島。北は有明海,南は八代海(不知火海)に面し,行政上は宇土市,宇土郡三角町,不知火しらぬい)町に属する。ほぼ中央部に大岳(478m),雄岳(352m)が横たわり,西端に三角岳(406m)が鐘状にそびえる200~400m級の火山性山地である。地質は主として安山岩類,凝灰角レキ岩からなる。北岸は直線状で急崖が迫り,雲仙岳などを望み,景行天皇の巡幸にちなんだ御輿来(おこしき)海岸にふとん岩がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔熊本県〕宇土半島(うとはんとう)


熊本県中部の半島。北は有明(ありあけ)海(島原(しまばら)湾)、南は八代(やつしろ)海(不知火(しらぬい)海)に挟まれ、長さ約18kmにわたり天草(あまくさ)諸島に向かって突き出る。西端の宇城(うき)市三角(みすみ)町を起点に天草五橋が天草諸島と結ぶ。北岸はノリ・アサリの養殖、南岸はネーブルなど柑橘(かんきつ)類の栽培が盛ん。南岸の宇城市不知火町は不知火見物で名高い。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇土半島
うとはんとう

熊本県中部から、南西部の天草(あまくさ)諸島に向けて、長さ約18キロメートルにわたって突出している低山地性の半島。島原湾と八代(やつしろ)海を分ける。地質的には、半島中央にある大岳(おおたけ)(478メートル)の西麓(せいろく)から以東が火山岩で、それより以西は、半島先端の三角(みすみ)岳(406メートル)による火山岩を除けば、ほとんど堆積(たいせき)岩で覆われる。半島基部には、緑川、大野川によってつくられた沖積平地がある。島原湾に臨む北海岸線も、八代海に臨む南海岸線もともに単調であるが、三角ノ瀬戸に臨む半島先端部は屈曲に富み、三角港(宇城(うき)市)のように天然の良港に恵まれている。道路網は、半島基部を南北に国道3号が、半島北岸を国道57号が、南岸を国道266号がそれぞれ走る。国道266号は三角港を通過して天草へ延びる。国道57号は海上区間を経て島原へ通じる。JR三角線は国道57号に並行しながらその内陸側を走っている。北岸はノリ、アサリ養殖、南岸はミカン栽培が盛んである。なお、半島先端部の宇城市三角町地区は天草パールラインの入口でもある。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇土半島の関連キーワード天草諸島本渡唐行き天草飛行場大矢野[町]熊本県天草郡熊本県天草市天草町大江大矢野〈町〉倉岳〈町〉熊本県天草郡苓北町富岡

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宇土半島の関連情報