コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三隅氏 みすみうじ

世界大百科事典 第2版の解説

みすみうじ【三隅氏】

石見国那賀郡三隅郷を基盤にして石見西部地域に勢力を張った中世の在地豪族。系図等の記すところによると,石見益田御神本(みかもと)氏の一族で,益田兼高の次男兼信が三隅,木束(きづか),長安(ながやす)の地頭職を得て三隅高城に拠り,1229年(寛喜1)一家を創立して三隅氏を称したという。しかし実際には,中世三隅郷の成立は鎌倉後期ないし末期まで下ると推定され,郷名を冠する三隅氏の成立もまたこのころのことに属すると考えられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

三隅氏の関連キーワード三隅(島根県)三隅[町]吉川経兼益田氏石見国

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android