三隅(読み)みすみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「三隅」の解説

三隅
みすみ

島根県西部,浜田市西部の旧町域。日本海に臨む。 1927年町制。 1955年三保村,岡見村,黒沢村の3村,井野村,大麻村の一部と合体。 2005年浜田市,金城町,町,弥栄村の4市町村と合体して浜田市となる。古代の三隅郷で,中世三隅氏城下町であった。米作のほか沿岸部の三保,岡見では漁業が行なわれる。三隅川はアユ釣りで知られる。国の重要無形文化財に指定されている石州半紙特産樹齢 650年といわれる三隅大平ザクラは国指定の天然記念物。

三隅
みすみ

山口県北西部,長門市東部の旧町域。仙崎湾に臨む。 1942年町制。 2005年長門市,日置町,油谷町の1市2町と合体して長門市となった。中心市街地三隅中 (みすみなか) は市場町として発展。大部分は丘陵地で,三隅川の流域では米,野菜,果樹の栽培が行なわれる。野波瀬,幸島では漁業が行なわれ,かまぼこを特産。三隅下 (みすみしも) にある村田清風旧宅およびは国の史跡に指定。湯免温泉があり,海岸部は北長門海岸国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「三隅」の解説

さん‐ぐう【三隅】

〘名〙 (「論語‐述而」の「挙一隅、不三隅則不復也」から) 四すみのうちの三つのすみ。転じて、一部分を知ることによって、他の大部分をも理解すること。また、その大部分。
※太平記(14C後)三九「一言未だ挙げざる先に、三隅(さんグウ)の高察も候はん歟」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android