コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上古刀 じょうことう

1件 の用語解説(上古刀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上古刀
じょうことう

奈良時代以前の古墳出土の刀剣および正倉院伝存の刀剣,ならびに古社寺に伝存する刀剣。これらはもっぱら考古学の対象に属する。いわゆる日本刀主として鎬造 (しのぎづくり) の彎刀で,鍛え,刃文などがきわめて精美であるのに対し,上古・奈良時代の刀身は平造 (ひらづくり) ,切刃造の直刀で,鍛え,刃文ともに素朴である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上古刀の関連キーワード時代物絞染氏の長者正倉院文書蕨手の太刀年号入りの刀剣銘文入り刀剣類基永師捨目師

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone