コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上古刀(読み)じょうことう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上古刀
じょうことう

奈良時代以前の古墳出土の刀剣および正倉院伝存の剣,ならびに古社寺に伝存する刀剣。これらはもっぱら考古学の対象に属する。いわゆる日本刀は主として鎬造 (しのぎづくり) の彎刀で,鍛え刃文などがきわめて精美であるのに対し,上古奈良時代の刀身は平造 (ひらづくり) ,切刃造直刀で,鍛え,刃文ともに素朴である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android