コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上司海雲

美術人名辞典の解説

上司海雲

華厳宗の僧。二百六世華厳宗管長、東大寺別当。奈良県生。志賀直哉杉本健吉・須田剋太ら文化人・芸術家とも交流をもち、壷法師の異名をとる程の壷の収集家であった。書や文章にも優れ、幅広い見識と政治力兼備の名僧として知られる。昭和50年(1975)寂、68才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上司海雲 かみつかさ-かいうん

1906-1975 昭和時代の僧。
明治39年2月15日生まれ。東大寺で出家。同寺執事長,華厳宗宗務長などをへて昭和47年同寺別当・華厳宗管長となり,開祖良弁(ろうべん)の1200年忌をいとなむ。同寺大仏殿の修理事業に尽力した。昭和50年1月25日死去。68歳。奈良県出身。竜谷大卒。著作に「東大寺」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

上司海雲の関連キーワード入江 泰吉上司永純昭和時代森敦

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android