コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上吉影村藤衛門 かみよしかげむら とうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上吉影村藤衛門 かみよしかげむら-とうえもん

?-? 江戸時代中期の一揆指導者。
常陸(ひたち)水戸藩領上吉影村の庄屋。藩の宝永改革による年貢増徴や夫役徴発に反対し,改革の中止と改革を指揮した松波勘十郎らの罷免(ひめん)を要求。宝永6年(1709)領内の農民とともに江戸藩邸にうったえでて要求をみとめさせた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

上吉影村藤衛門

没年:宝永6?(1709)
生年:生年不詳
江戸時代の百姓一揆の指導者。常陸国(茨城県)茨木郡水戸藩領上吉影村(小川町)の庄屋であったが,藩の宝永改革による夫役徴発や年貢増徴に反対し,改革担当者松波勘十郎らの罷免を要求して,藩領全域の百姓およそ3000人と共に江戸にのぼり,支藩の守山藩邸への門訴や藩邸への出訴,藩主への駕籠訴(未遂)などをおこない,ついに改革の中止を藩に認めさせた。これを水戸藩宝永一揆という。藤衛門と共に闘争を指導した北領頭取らは,殺害されたという伝承(常陸太田市の岡部氏墓地の首切地蔵,小沢町の身代地蔵の伝承)があるほか,藤衛門も闇討ちにされたとの伝承が残る。<参考文献>林基「松波勘十郎捜索」(『茨城県史研究』29号ほか),江川文展『宝永一揆』,長須祥行『越訴―水戸藩宝永一揆の謎―』,瀬谷耕作『勘十郎堀』

(斎藤善之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android