コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上方狂言 カミガタキョウゲン

大辞林 第三版の解説

かみがたきょうげん【上方狂言】

京坂地方に発達した写実的な特徴をもつ歌舞伎狂言。元禄期(1688~1704)の坂田藤十郎の和事や、宝暦期(1751~1764)以後の義太夫狂言に代表される。上方歌舞伎。 ↔ 江戸狂言

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

上方狂言の関連キーワード嵐 三右衛門(10代目)桜田治助(初代)宿無団七時雨傘坂田藤十郎桜田治助傾城物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android