コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和事 わごと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和事
わごと

歌舞伎の演出,演技,演目の一種類。元禄期 (1688~1704) に坂田藤十郎中村七三郎によって確立された立役芸風で,本来,和らかな事という意味がある。放蕩のため家を出た若殿が流浪して,遊里遊女と戯れるさまを見せるもので,落ちぶれた姿になっているところから「やつし」ともいう。和事の主人公は若く美男子であると同時に,滑稽味をもつことが必要とされ,『双蝶蝶曲輪日記 (ふたつちょうちょうくるわにっき) 』の与五郎,『心中天の網島』の治兵衛,『廓文章 (くるわぶんしょう) 』の伊左衛門などがその例。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

わ‐ごと【和事】

歌舞伎で、柔弱な色男の恋愛描写を中心とした演技。また、その演出様式。元禄期(1688~1704)に発生し、主に上方の芸系に伝わった。→荒事実事(じつごと)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

和事【わごと】

歌舞伎の演出法の一つ。優美な色男がやわらかみのある動作や台詞(せりふ)で恋愛描写をする演出・演技。また,そういう役柄のこと。元禄期の初世坂田藤十郎以来,江戸の荒事(あらごと)に対し,上方(かみがた)芸として伝統が守られてきた。
→関連項目市川團十郎片岡仁左衛門沢村宗十郎実川延若実事中村鴈治郎中村七三郎坂東三津五郎松本幸四郎吉田屋

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳の解説

和事

美男子の恋愛模様を描いた演技。和事師。「封印切」の忠兵衛など。堅実な男を写実に描いたものを実事(じつごと)、豪傑神仏など超人的な強さを表すために隈取、鬘、衣装を鮮明にし、発声や動作にもメリハリを付けた演技を荒事(あらごと)と呼ぶ。「矢の根」「菅原」の松王丸梅王丸など。所作事(しょさごと)は、舞踊劇または舞踊そのものをいう。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わごと【和事】

歌舞伎の演技様式。やわらか事,やわら事ともいい,これを得意とする役者を和事師,やわらか事師,やわら事師,また,やつし方,色事師,濡れ事師などという。濡れ事を中心として展開される柔弱な男性の行動を表すもの。一般には荒事と対照的に用いられているが,〈実事仕は和事をせず〉(《舞曲扇林》)といわれるように,実事に対する呼称と見るのが正しい。初期歌舞伎における〈茶屋遊びの踊り〉から,島原狂言や傾城買狂言を経て,元禄歌舞伎のお家狂言における廓場の〈やつし〉によって完成された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

わごと【和事】

歌舞伎の演技・演出の一。濡れ事・やつし・恋愛・情痴を演ずるもの。江戸の荒事に対し上方の伝統的な芸。 → 荒事実事じつごと

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和事
わごと

歌舞伎(かぶき)演出用語。優美な色男の恋愛描写を中心にした、柔らかみのある演技様式をいう。やわらか事、やわら事ともよぶ。この種の演技を主体にした役柄のことでもあり、これを得意とする俳優を「和事師」という。堅実な男子の写実に近い演技を中心にした「実事(じつごと)」に対するもので、初世嵐三右衛門(あらしさんえもん)(1635―90)や初世坂田藤十郎(1647―1709)ら京坂の名優が基礎をつくり、江戸でも同時代の初世中村七三郎(1622―1708)が『浅間嶽(あさまがたけ)』の巴之丞(ともえのじょう)、『曽我(そが)』の十郎など、この種の役柄を確立させたが、おもに江戸の荒事に対する上方(かみがた)歌舞伎の特色として発達、近年まで伝わってきた。『廓文章(くるわぶんしょう)』の伊左衛門、『河庄(かわしょう)』の治兵衛、『封印切(ふういんきり)』の忠兵衛などが代表的な役。なお、『双蝶々(ふたつちょうちょう)』の与五郎のようなとくに柔弱な役は、突けば転ぶという意味から俗に「つっころばし」とよばれ、ほかに和事・実事の中間を意味する「和実」、若干強みのある役をいう「ぴんとこな」などの名称がある。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の和事の言及

【歌舞伎】より

…江戸では,初世市川団十郎が創始したとされる荒事(あらごと)が,武士階級を中心に形成された新興都市の荒々しい気風に合致して喜ばれ,非常な人気を獲得した。一方,京都では,初世坂田藤十郎を代表として,初期歌舞伎の傾城買の狂言の伝統を受け継ぐ和事(わごと)の演技様式が確立する。この時代の狂言のおおよその内容は,こんにちに残された狂言本と役者評判記によって知ることが可能である。…

【二枚目】より

…歌舞伎の芸のかたち,およびその役柄。本来は〈和事(わごと)〉または〈やつし〉と呼び,優美な男性が色恋を演じる芸のかたちである。白粉(おしろい)を塗っている色男の役で,この役柄の中に,〈つっころばし〉というコミカルな味わいのより濃い役柄(たとえば《双蝶々曲輪日記》の与五郎)も含まれる。…

※「和事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

和事の関連キーワード片岡仁左衛門(15世)市村羽左衛門(12世)坂東三津五郎(3世)大和屋甚兵衛(3代)大和屋甚兵衛(2代)市村羽左衛門(9世)浅尾為十郎(2代)沢村宗十郎(9世)中村七三郎(2世)中村七三郎(初代)坂田藤十郎(2代)染松七三郎(2代)笹尾音十郎(2代)沢村長十郎(2代)沢村宗十郎(2世)市川団十郎(2世)花井才三郎(4代)二代目市川団十郎実川延若(2世)中村芝雀(3代)

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android