コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉宗房 うえすぎ むねふさ

美術人名辞典の解説

上杉宗房

江戸中期の大名。米沢生。上杉吉憲の次男。初名は勝豊、のち政千代。享保19年(1734)兄宗憲の嗣となり、遺領を継ぐ。まもなく徳川家重に拝謁し、諱字を賜い、宗房と名のった。この時従四位下侍従に叙任され、民部大輔を兼ねた。延享3年(1746)歿、29才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉宗房 うえすぎ-むねふさ

1718-1746 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)3年6月17日生まれ。上杉吉憲(よしのり)の次男。兄宗憲(むねのり)の跡をつぎ,享保19年出羽(でわ)米沢藩(山形県)藩主上杉家7代となる。延享3年8月12日死去。29歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例