コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並木宗輔 なみきそうすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

並木宗輔
なみきそうすけ

[生]元禄8(1695)
[没]宝暦1(1751).9.7. 大坂
浄瑠璃,歌舞伎狂言作者。元禅僧。還俗して豊竹座の浄瑠璃作者となり,享保 11 (1726) 年西沢一風らと合作の『北条時頼記』で成功。以後立作者として,豊竹若太夫 (越前少掾) のために傑作を生み,豊竹座を隆盛に導く。初め安田蛙文,次に並木丈輔との合作が多く,『苅萱桑門筑紫 (かるかやどうしんつくしのいえづと) 』などを書いたほか,単独作『和田合戦女舞鶴』などを発表。寛保2 (42) 年,歌舞伎作者に転向し,『大門口鎧襲 (おおもんぐちよろいがさね) 』では大当りをとった。延享2 (45) 年浄瑠璃界へ復帰,竹本座へ入座,千柳と改名。2世竹田出雲,三好松洛らとの合作が多いが,実質的立作者として,浄瑠璃全盛期の最高傑作を次々に発表した。『菅原伝授手習鑑』『義経千本桜』『仮名手本忠臣蔵』などがある。宝暦1 (51) 年豊竹座に復帰。『一谷嫩軍記 (いちのたにふたばぐんき) 』3段目が絶筆となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なみき‐そうすけ【並木宗輔】

[1695~1751]江戸中期の浄瑠璃作者。大坂の人。別名、宗助・千柳。西沢一風の弟子。僧であったが、還俗して豊竹座および竹本座で立作者として執筆。竹田出雲三好松洛との合作が多く、浄瑠璃全盛期をもたらした。代表作「菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)」「義経千本桜」「仮名手本忠臣蔵」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

並木宗輔【なみきそうすけ】

江戸中期の浄瑠璃作者。並木の系祖。西沢一風または田中千柳の門に入り,豊竹座の作者として活躍。1745年竹本座に移って,千柳と改名,2世竹田出雲,三好松洛らとの合作で多くの名作を残し,晩年豊竹座に復帰。
→関連項目一谷嫩軍記並木正三

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

並木宗輔 なみき-そうすけ

1695-1751 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)作者,歌舞伎作者。
元禄(げんろく)8年生まれ。大坂の人。もと臨済(りんざい)宗の僧。享保(きょうほう)11年師の西沢一風,安田蛙文(あぶん)との合作「北条時頼記(ほうじょうじらいき)」が評判となる。のち2代竹田出雲(いずも),三好松洛(しょうらく)らとの合作でおおくの作品をのこした。寛延4年9月7日死去。57歳。通称は松屋宗助別号に千柳(初代),市中庵。作品に「菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)」「義経千本桜」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

なみきそうすけ【並木宗輔】

1695‐1751(元禄8‐宝暦1)
浄瑠璃作者。別号千柳,市中庵。家名は松屋。もと備後三原の臨済宗成就寺の僧で,断継と称し(角田一郎《並木宗輔伝の研究》),還俗して豊竹座の作者となる。西沢一風門人と伝えるが,あるいは1725年(享保10)に豊竹座を辞した田中千柳の門人か。
[豊竹座時代]
 1726年にはじめて西沢一風,安田蛙文と《北条時頼記》を合作,9ヵ月続演の大当りをとり,以後,一風に代わる豊竹座の立作者となり,32年までに蛙文を脇作者として14編を著す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

なみきそうすけ【並木宗輔】

1695~1751) 江戸中期の浄瑠璃作者。別号、千柳。通称は松屋宗助。大坂の人。僧侶の出。西沢一風に師事。豊竹座・竹本座の作者として活躍。複雑な筋立てと、スペクタクルに富む作が多く、人形浄瑠璃の最盛期を現出した。代表作は「夏祭浪花鑑なにわかがみ」「菅原伝授手習鑑てならいかがみ」「義経千本桜」「仮名手本忠臣蔵」など。「一谷嫩軍記いちのたにふたばぐんき」が絶筆。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

並木宗輔
なみきそうすけ
(1695―1751)

江戸中期の浄瑠璃(じょうるり)、歌舞伎(かぶき)作者。別号千柳(せんりゅう)。若いころは僧で、30歳ころ還俗(げんぞく)して豊竹(とよたけ)座の作者となり、並木宗助(のちに宗輔)と称した。1726年(享保11)『北条時頼記(じらいき)』で大当りをとり、以来立(たて)作者となって活躍し『苅萱桑門筑紫(かるかやどうしんつくしのいえづと)』『釜淵双級巴(かまがふちふたつどもえ)』『鷓山姫捨松(ひばりやまひめすてまつ)』などを発表。42年(寛保2)から歌舞伎作者に転じて『大門口鎧襲(おおもんぐちよろいがさね)』などを書いたが、45年(延享2)に浄瑠璃界に復帰、豊竹座と対立していた竹本座の作者となって並木千柳と改め、竹田出雲(いずも)、三好松洛(しょうらく)らとの合作で『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』『義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)』『仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)』『夏祭浪花鑑(なにわかがみ)』『双蝶々曲輪(ふたつちょうちょうくるわ)日記』などの名作を執筆、人形浄瑠璃全盛期を飾った。なおこれらは初世および2世の出雲が立作者となっているが、実質的には千柳の筆になるものと考えられている。晩年は宗輔の名に復して豊竹座に帰り、『一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)』を執筆中病没した。生涯の作は浄瑠璃が47編、歌舞伎は10編前後ある。その作風は複雑な筋立てが得意で、歌舞伎の手法を取り入れたスペクタルに富むところが多い。門弟が多く、並木姓を名のる浄瑠璃・歌舞伎作者の祖である。[山本二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の並木宗輔の言及

【一谷嫩軍記】より

…1751年(宝暦1)12月大坂豊竹座初演。並木宗輔,浅田一鳥,浪岡鯨児,並木正三らの合作。宗輔が三段目までを書き,没後に浅田らが完成したと伝えられる。…

【仮名手本忠臣蔵】より

…時代物。2世竹田出雲三好松洛並木宗輔(千柳)作。1748年(寛延1)8月,大坂竹本座初演。…

【釜淵双級巴】より

…3段。並木宗輔作。角書に〈七条河原〉とある。…

【苅萱桑門筑紫】より

…5段。並木宗輔・並木丈輔合作。1735年(享保20)8月大坂豊竹座初演。…

【源平布引滝】より

…5段。正本の作者署名は並木千柳(並木宗輔),三好松洛。番付には作者竹田外記の名も加わる。…

【木下蔭狭間合戦】より

…1789年(寛政1)2月大坂大西芝居初演。若竹笛躬(わかたけふえみ),近松余七,並木宗輔(千柳)の合作。余七は十返舎一九。…

【夏祭浪花鑑】より

…9段。並木千柳(並木宗輔),三好松洛,竹田小出雲合作。1745年(延享2)7月大坂竹本座初演。…

【人形浄瑠璃】より

…音階的には陰旋法)で男性を語るに適し,初世豊竹若太夫は花やかな語り口(東風,陽旋法)で女性の表現に適していた(近石泰秋《操浄瑠璃の研究》参照)。 この期を代表する作者は並木宗輔(千柳)である。享保後期から豊竹座にあって,《苅萱桑門筑紫…

【鶊山姫捨松】より

…5段。並木宗輔作。通称《中将姫》。…

【富士浅間物】より

…管絃の役の争いから楽人浅間に殺された富士の妻が,敵は太鼓であると,太鼓を打って恨みを慰めるのが主題。浄瑠璃では1733年(享保18)7月豊竹座の並木宗輔作《莠伶人吾妻雛形(ふたばれいじんあづまのひながた)》が有名で,これは義太夫正本《弱法師(よろぼし)》の筋と合わせた作品。49年(寛延2)4月竹本座の竹田出雲作《粟島譜嫁入雛形(あわしまけいずよめいりひながた)》はその改訂版。…

【双蝶々曲輪日記】より

…1749年(寛延2)7月大坂竹本座初演。竹田出雲三好松洛,並木千柳(並木宗輔)合作。《摂陽奇観》にある角力取の濡れ紙長五郎が,武士を殺害した罪で捕らわれた事件に拠っているらしい。…

【文耕堂】より

… 文耕堂は後世の番付面から,竹田出雲の門弟説があるが確証はない。紀海音(きのかいおん),竹田出雲,並木宗輔と並んで浄瑠璃四天王と呼ばれ,浄瑠璃全盛期の時代物作者として活躍したが,源平合戦に取材した地味な作品が多い。単独作は《河内国姥火》《車還合戦桜(くるまがえしかつせんざくら)》《元日金年越(がんじつこがねのとしこし)》《応神天皇八白旗(おうじんてんのうやつのしらはた)》の4作で,世話物は1作,他は合作である。…

【義経千本桜】より

…5段。2世竹田出雲三好松洛,並木千柳(並木宗輔)作。1747年(延享4)11月大坂竹本座初演。…

【和田合戦女舞鶴】より

…5段。並木宗輔作。1736年(元文1)3月大坂豊竹座初演。…

※「並木宗輔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

並木宗輔の関連キーワード豊竹若太夫(1世)並木正三(初代)竹田出雲(2代)松屋来助(初代)並木千柳(初代)苅萱桑門筑紫〓木下蔭狭間合戦近江源氏先陣館苅萱桑門筑紫𨏍双蝶蝶曲輪日記苅萱桑門筑紫𨏍スペクタクル大星由良助豊竹若太夫夏祭浪花鑑鶊山姫捨松富士浅間物義経腰越状大坂浄瑠璃釜淵双級巴

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

並木宗輔の関連情報