コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上村源之丞(初代) うえむら げんのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上村源之丞(初代) うえむら-げんのじょう

?-? 織豊-江戸時代前期の人形遣い。
淡路(あわじ)(兵庫県)三条村の淡路人形芝居の家元。慶安4年(1651)阿波(あわ)徳島藩主蜂須賀忠英(はちすか-ただてる)から上村日向掾(ひゅうがのじょう)をゆるされたという。代々上村源之丞を名のった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

上村源之丞(初代)の関連キーワード人形遣い

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android