コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田進 うえだ すすむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上田進 うえだ-すすむ

1907-1947 昭和時代のロシア・ソビエト文学者。
明治40年10月24日生まれ。尾崎宏次(ひろつぐ)の兄。早大在学中に日本プロレタリア作家同盟にはいり,ロシア革命後の文学を精力的に紹介した。ショーロホフの「ひらかれた処女地」第1部は本邦初訳。昭和22年2月24日死去。41歳。東京出身。本名は尾崎義一。訳書にゴーリキー「幼年時代」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

上田進の関連キーワードゴーリキー(Maksim Gor'kiy)イリフ・ペトロフ昭和時代恵運

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上田進の関連情報