コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

処女地 しょじょちNov'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

処女地
しょじょち
Nov'

ロシアの作家 I.ツルゲーネフ長編小説。 1877年発表。 70年代ロシア社会を風靡した「民衆のなかへ」の人民主義運動を扱った作品。反動的,退嬰的な貴族を批判するとともに,急進的革命を皮肉をもって描いたために,発表当時は,左右両陣営から非難を浴びた。ツルゲーネフの最後の長編小説。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょじょ‐ち〔シヨヂヨ‐〕【処女地】

まだ開墾されていない土地。
研究調査などで、まだ手がつけられていない分野

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょじょち【処女地】

まだ開墾されていない土地。
まだ研究されていない分野・方面。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

処女地の関連キーワードルノー(Madelaine Renaud)アレクサンドル ヴォロンスキークラスナヤ・ノーフィB. ラベンスキフチェリャビンスク州V. オベーチキンジャン ギャバンノーブイ・ミールスラーエルホフゼルジンスキーバージンソイル開かれた処女地オレンブルグ州M. ルノーオベーチキンクスタナイ州ラベンスキフパブロダールショーロホフルイ エモン

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android