コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上腕骨外科頸骨折 じょうわんこつげかけいこっせつsurgical neck fracture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上腕骨外科頸骨折
じょうわんこつげかけいこっせつ
surgical neck fracture

上腕骨骨頭と大・小結節を結ぶ線との間の部分を外科頸といい,この部位の骨折をさす。上腕骨の近位部に起る骨折のなかで,この外科頸部の骨折が最も多い。転倒して手や肘をつくときに起り,老人に多い。近くを走る大血管や神経が骨片によって損傷することもある。治療にはギプス固定,ギプス固定して首から吊下げるハンギングキャスト法,牽引療法,骨接合術などが行われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android