コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上腕骨 じょうわんこつhumerus

翻訳|humerus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上腕骨
じょうわんこつ
humerus

にある太い管状の骨。上端の上腕骨頭は,肩甲骨の関節窩とともに肩関節を形成する。下端は前後に平たく,外側および内側上顆が突出し,その間に上腕骨顆があって,前腕の橈骨および尺骨とともに肘関節をつくる。上腕骨頭の下に大結節および小結節があり,その下から骨体部にかけては細くなっている。この部位は外科頸と呼ばれ,顆上部とともに骨折の好発部位である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じょうわん‐こつ〔ジヤウワン‐〕【上腕骨】

上肢骨のうち、からひじまでの管状骨。上部は肩甲骨と肩関節をつくり、下部は前腕骨と肘(ちゅう)関節をつくる。上膊骨(じょうはくこつ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

上腕骨【じょうわんこつ】

上腕の中軸にある長い骨。中央部は円柱状であるが上下の両端はふくらんでいる。上端は内側上方に球状の上腕骨頭を出して,肩甲骨外側角との間に肩関節をつくり,下端は二つの関節面に分かれて尺骨および橈骨(とうこつ)との間に肘(ちゅう)関節をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうわんこつ【上腕骨 humerus】

四足動物において,前肢の付け根から肘までの部分,つまり上腕の中軸をなす骨で,陸上性の動物では棒状,水中性や地中性の動物では塊状をなすことが多い。四足動物の祖先とみられる古生代硬骨魚類,総鰭(き)類では対びれの中に骨格があり,胸びれの基部の骨は1個であることから,これが四足動物の上腕骨に発展したと考えられる。ヒトでは他の哺乳類と同様に,上下の両端の内部は海綿質でできているが,中央部は管のようになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じょうわんこつ【上腕骨】

上腕を形成する骨。上下端は半球状にふくらみ、上は肩甲骨に、下は尺骨・橈骨とうこつに連なる。上膊骨じようはくこつ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上腕骨
じょうわんこつ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の上腕骨の言及

【骨格】より

…弓形をしているが,長さや形は部位によって異なっている。肋骨上腕骨humerus上腕の支柱をなす骨。棒のように長い骨で,中央部は管になっている。…

【骨格】より

…弓形をしているが,長さや形は部位によって異なっている。肋骨上腕骨humerus上腕の支柱をなす骨。棒のように長い骨で,中央部は管になっている。…

※「上腕骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上腕骨の関連キーワード肘関節(ちゅうかんせつ)ケツァルコアトルス上腕骨外科頸骨折フォルクマン拘縮ファニーボーン上腕骨上顆炎阻血性拘縮骨巨細胞腫上腕骨骨折上腕三頭筋上腕二頭筋腱板断裂テニス肘ゴルフ肘骨嚢腫外反肘牛川人広背筋三角筋大円筋

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上腕骨の関連情報