コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上行大動脈 じょうこうだいどうみゃくascending aorta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上行大動脈
じょうこうだいどうみゃく
ascending aorta

大動脈のうち,左心室の大動脈口 (半月弁のあるところ) から上行して腕頭動脈の基部にいたる部分をいう。その初部は大動脈球と呼ばれ,やや膨大しており,ここから左右の冠状動脈が出る。上行大動脈は大動脈弓を経て下行大動脈につながる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じょうこう‐だいどうみゃく〔ジヤウカウ‐〕【上行大動脈】

大動脈のうち、左心室を出て胸腔内を上方へ向かう部分をいう。第2肋軟骨の高さで大動脈弓となる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

上行大動脈の関連キーワード解離性大動脈瘤(急性大動脈解離)梅毒性大動脈炎腕頭動脈・静脈心タンポナーデ重複大動脈弓胸部大動脈瘤人工心肺大動脈弁上大静脈縦隔