コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下り米問屋 くだりこめどんや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下り米問屋
くだりこめどんや

江戸時代,江戸の米問屋の一つ。上方の入津米 (にゅうしんまい) を引受け,仲買にのみ売渡した荷受問屋。享保 14 (1729) 年,6軒の指定専業者が下り米問屋を称した。寛政6 (94) 年,指定業者以外の下り米の取扱いが禁止され,信用,資力,格式など米問屋の最上位にあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の下り米問屋の言及

【米問屋】より

…一方,江戸においては大坂と異なって商人米の比重が大きく,それを取り扱う米問屋が発達した。1729年にはその商域などにより,下り米問屋・関東米穀三組問屋・地廻米穀問屋の3種に区分された。下り米問屋は東海地方以西の57ヵ国からの下り米を引き受ける問屋で,この下り米の多くは大坂や兵庫などの上方諸都市を経由して回送されたものであった。…

※「下り米問屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android