コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下り米問屋 くだりこめどんや

1件 の用語解説(下り米問屋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下り米問屋
くだりこめどんや

江戸時代,江戸の米問屋の一つ。上方の入津米 (にゅうしんまい) を引受け,仲買にのみ売渡した荷受問屋。享保 14 (1729) 年,6軒の指定専業者が下り米問屋を称した。寛政6 (94) 年,指定業者以外の下り米の取扱いが禁止され,信用,資力,格式など米問屋の最上位にあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の下り米問屋の言及

【米問屋】より

…一方,江戸においては大坂と異なって商人米の比重が大きく,それを取り扱う米問屋が発達した。1729年にはその商域などにより,下り米問屋・関東米穀三組問屋・地廻米穀問屋の3種に区分された。下り米問屋は東海地方以西の57ヵ国からの下り米を引き受ける問屋で,この下り米の多くは大坂や兵庫などの上方諸都市を経由して回送されたものであった。…

※「下り米問屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone