コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米問屋 コメドイヤ

デジタル大辞泉の解説

こめ‐どいや〔‐どひや〕【米問屋】

江戸時代、米を取り扱った問屋。江戸と大坂で特に発達した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こめどいや【米問屋】

米を取り扱う商人のうち卸売業務を行うものをいい,江戸時代以降に発達した。とくに江戸時代には,幕府や藩などの諸領主の財政は貢租米の販売に大きく依存していたから,米取引の中心的存在である米問屋は,領主財政と結びつく形で成長をとげた。中期以降になると農民の手による米の商品化も進み,米問屋をはじめとする米穀商業活動はさらに盛んになった。また,江戸時代の米取引は早くから全国的な広がりをもっていたから,米問屋も当時の最大の米穀集散地である大坂・江戸のみならず,港町などの地方都市にも広く存在した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こめどいや【米問屋】

江戸時代の米穀取引を行なった問屋。京都・江戸・大坂の三都や各城下町で発達。多くは株仲間を結び、特権的な富商であった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

米問屋の関連キーワード広岡 久右衛門(9代目)伊勢屋四郎左衛門(3代)浪花亭 愛造(初代)問屋(といや)河岸八町米仲買磯野小右衛門八木 与三郎広岡久右衛門お夏清十郎芝田 総二寺田屋登世渋沢成一郎油屋 熊八八木与三郎下り米問屋小野 金六山崎 種二清水次郎長山本長五郎桑名(市)

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

米問屋の関連情報