コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下山定則 しもやま さだのり

1件 の用語解説(下山定則の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下山定則 しもやま-さだのり

1901-1949 昭和時代の官僚。
明治34年7月23日生まれ。大正14年鉄道省にはいり,企画院技師,東京鉄道局長,運輸次官をへて,昭和24年国鉄の初代総裁となる。国鉄の大量人員整理に対する組合の反対闘争中の同年7月6日,常磐線綾瀬駅付近で轢死体で発見される(下山事件)。49歳。自殺か他殺か不明。兵庫県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の下山定則の言及

【下山事件】より

…1949年7月5日,日本国有鉄道(1949年6月1日公共企業体として再発足。現JR)の初代総裁下山定則が,登庁の途中に日本橋の三越本店へ入ったまま行方不明となり,6日,常磐線綾瀬駅付近の線路上で轢(れき)死体となって発見された事件。国鉄は,ドッジ・ラインの一環として6月1日施行の行政機関職員定員法にもとづいて,職員62万3000余名のうち12万0413名(19.3%)の人員整理に着手し,7月4日第1次整理3万0700名の通告を行った。…

※「下山定則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

下山定則の関連キーワード荒木万寿夫池田直伊能繁次郎入江誠一郎入江俊郎劒木亨弘佐橋滋島田叡田中栄一広岡謙二

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下山定則の関連情報