コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下村三郎 しもむら かずお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下村三郎 しもむら-かずお

1903-1980 昭和時代の裁判官。
明治36年1月2日生まれ。松江地裁所長などをへて,昭和40年最高裁判事。東京高裁判事のときチャタレイ裁判で一審無罪を有罪に逆転させた。退官後はロッキード事件橋本登美三郎の弁護団長格。昭和55年8月4日死去。77歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

下村三郎の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android