昭電事件(読み)ショウデンジケン

  • しょうでんじけん セウデン‥
  • しょうでんじけん〔セウデン〕

大辞林 第三版の解説

昭和電工社長日野原節三が、復興金融公庫からの融資に際し、政官界首脳に贈賄した事件。1948年(昭和23)、日野原や閣僚が逮捕され、芦田内閣は総辞職したが、閣僚クラスは全員無罪となった。昭電疑獄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

昭和二三年(一九四八)に表面化した汚職事件。昭和電工社長らが、復興金融金庫から巨額の融資を受けるため、約一億円に上る金品を政府高官と復金幹部に贈ったとされる。政官界からの逮捕者が相次ぎ、芦田内閣は同年一〇月に総辞職、首相の芦田均自身も一二月に逮捕された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android