昭電事件(読み)ショウデンジケン

大辞林 第三版の解説

しょうでんじけん【昭電事件】

昭和電工社長日野原節三が、復興金融公庫からの融資に際し、政官界首脳に贈賄した事件。1948年(昭和23)、日野原や閣僚が逮捕され、芦田内閣は総辞職したが、閣僚クラスは全員無罪となった。昭電疑獄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android