下歩(読み)おろしあゆみ

精選版 日本国語大辞典の解説

おろし‐あゆみ【下歩】

〘名〙 遊女の道中作法の一つ。足をまっすぐに踏みおろし、静かに練り歩くこと。
※浄瑠璃・傾城反魂香(1708頃)上「おろし歩みの道中は、花の立ち木のそのままに、ぬめり出でたる如くなり」

した‐あゆみ【下歩】

〘名〙 取引市場で相場が次第に下がること。下運び。〔取引所用語字彙(1917)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下歩の関連情報