コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下河辺氏 しもこうべうじ

1件 の用語解説(下河辺氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しもこうべうじ【下河辺氏】

平安末から鎌倉初期に八条院領下総国下河辺荘を支配した在地領主藤原秀郷の子孫といわれ,大田行政の子行義が同荘の開発者らしく初めて下河辺荘司を称した。行義は源頼政の郎等として活動し,頼政が以仁王を奉じて挙兵したときこれに従軍した。行義の子下河辺行平は頼政の挙兵を伊豆の源頼朝のもとに報じ,また頼政の敗死後は頼朝の挙兵を助けその陣に身を投じた。また行義が敗死した頼政の首を本領に持ち帰り,現古河市に頼政神社を創建したという伝説もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

下河辺氏の関連キーワード郢曲玉葉随兵八条院雑談城南寺祭海人の刈藻下河辺政義下河辺行平八条院三位局

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下河辺氏の関連情報