コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下河辺氏 しもこうべうじ

世界大百科事典 第2版の解説

しもこうべうじ【下河辺氏】

平安末から鎌倉初期に八条院領下総国下河辺荘を支配した在地領主。藤原秀郷の子孫といわれ,大田行政の子行義が同荘の開発者らしく初めて下河辺荘司を称した。行義は源頼政の郎等として活動し,頼政が以仁王を奉じて挙兵したときこれに従軍した。行義の子下河辺行平は頼政の挙兵を伊豆の源頼朝のもとに報じ,また頼政の敗死後は頼朝の挙兵を助けその陣に身を投じた。また行義が敗死した頼政の首を本領に持ち帰り,現古河市に頼政神社を創建したという伝説もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

下河辺氏の関連キーワードかすみがうら(市)行方(市)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下河辺氏の関連情報