コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下河辺氏 しもこうべうじ

1件 の用語解説(下河辺氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しもこうべうじ【下河辺氏】

平安末から鎌倉初期に八条院領下総国下河辺荘を支配した在地領主藤原秀郷の子孫といわれ,大田行政の子行義が同荘の開発者らしく初めて下河辺荘司を称した。行義は源頼政の郎等として活動し,頼政が以仁王を奉じて挙兵したときこれに従軍した。行義の子下河辺行平は頼政の挙兵を伊豆の源頼朝のもとに報じ,また頼政の敗死後は頼朝の挙兵を助けその陣に身を投じた。また行義が敗死した頼政の首を本領に持ち帰り,現古河市に頼政神社を創建したという伝説もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下河辺氏の関連情報