コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼政 ヨリマサ

世界大百科事典 第2版の解説

よりまさ【頼政】

能の曲名。二番目物修羅物。世阿弥作。シテは源頼政の霊。旅の(ワキ)が宇治の里に赴くと,1人の老人(前ジテ)が現れて所の名所を教え,平等院に案内する。扇の形に残された芝を見て僧が質問すると,これは源頼政が扇を敷いて自害した跡だと説明し,自分こそその頼政であると名のって消える。夜になると,頼政の霊(後ジテ)が昔の戦場での姿で現れ,読経を頼み,敗戦のようすを物語る。平家に敗れた頼政軍は,奈良に赴く途中,高倉の宮の疲労がひどいので平等院に布陣し,宇治橋橋板を外して敵を待ち受けた(〈クセ〉)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

よりまさ【頼政】

能の一。二番目物。世阿弥作。宇治の里を訪れた僧を名所に案内した老翁は、実は源三位頼政の霊であった。頼政の姿に戻って現れた霊は、奮戦の様を見せ、僧に回向を所望して消える。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

頼政
よりまさ

能の曲目。二番目、修羅(しゅら)物。五流現行曲。世阿弥(ぜあみ)作。典拠は『平家物語』巻四の「橋合戦」「宮御最期(みやのごさいご)」。諸国一見の僧(ワキ)が宇治の里に立ち寄る。一人の老人(前シテ)が現れ、名所旧跡を教え、平等院に導く。そこが源頼政自決の地と知って僧が弔うと、今日が命日であり、自分が頼政の幽霊と名のって消えうせる(中入)。ありし日の装いで現れた頼政の亡霊(後シテ)は、高倉宮(たかくらのみや)を奉じての挙兵、宇治川の合戦と平家の敵前渡河の模様、扇の芝で自害を遂げた無念を語り、弔いを願って姿を消す。目に金の入った(能面では異次元の存在、執心の表現である)頼政専用面を用い、また法体(ほったい)を表現する独特の武装の扮装(ふんそう)である。同じく世阿弥の『鵺(ぬえ)』は、退治された鵺の側から頼政の栄光を描く。この二つの能は、浄瑠璃(じょうるり)『源三位(げんざんみ)頼政』『頼政追善芝』などに影響を与えた。なお『頼政』の能のパロディーに狂言の『通円(つうえん)』がある。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の頼政の言及

【能面】より

…瘦男(やせおとこ)や蛙(かわず)は死相を表し,三日月や阿波男,怪士(あやかし)などは神性の表現に特徴がある。平太(へいた)と中将は特に武将の霊に用い,頼政や景清,俊寛など特定の人物への専用面も現れた。喝食(かつしき),童子など美貌若年の面のなかにも,蟬丸や弱法師(よろぼし),猩々(しようじよう)といった特定面ができてくる。…

※「頼政」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

頼政の関連キーワード葦分け・葦別け宜秋門院丹後中津五左衛門源三位頼政多川源太夫成り返る菖蒲御前田中千柳伊藤柳枝嫁の合器藤原景家藤原景高座を組む小姓立ち増田正造下河辺氏源兼綱忍び夫源仲家鵼・鵺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頼政の関連情報