長和(読み)チョウワ

大辞林 第三版の解説

ちょうわ【長和】

年号(1012.12.25~1017.4.23)。寛弘の後、寛仁の前。三条・後一条天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ちょうわ【長和】

日本の元号(年号)。平安時代の1012年から1017年まで、三条(さんじょう)天皇、後一条(ごいちじょう)天皇の代の元号。前元号は寛弘(かんこう)。次元号は寛仁(かんにん)。1012年(寛弘9)12月25日改元。三条天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『礼記(らいき)』を出典とする命名。長和年間は、藤原道長(みちなが)が内覧(ないらん)、摂政(せっしょう)として摂関政治を行った。1011年(寛弘8)、三条天皇は25年にわたる東宮(皇太子)を経て、36歳で即位した。親政を望む三条天皇と外孫の早期の即位を望む道長の間に確執が生じ、1016年(長和5)に三条は退位して後一条天皇が即位、外祖父の道長が摂政に就任した。三条天皇はその翌年に崩御する。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長和の関連情報