下顎隆起(読み)かがくりゅうき(英語表記)mandibular torus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下顎隆起
かがくりゅうき
mandibular torus

ヒトの下顎骨歯槽部の内局にみられる隆起で,多くは犬歯から小臼歯にかけて連続した丸い隆起として現れる。そのほかに大臼歯部の歯槽にも線状のものが現れる。この隆起は上顎の口蓋隆起とともに現れることが多い。北京原人には高率で,しかもよく発達している。現生人類には少く,コーカソイドニグロイドにはほとんどみられないが,モンゴロイドには比較的多い。特にエスキモーサミ人などに多く,モンゴロイドの人種的特徴の一つとされるが,顎を強度に使用することの影響で形成されるという説もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android