コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現生人類 げんせいじんるいModern man

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現生人類
げんせいじんるい
Modern man

今日,地球上に住む人類およびその類縁のものをいい,ホモ・サピエンス・サピエンス Homo sapiens sapiensと呼称される。従来は現生人類すなわちホモ・サピエンスであったが,ネアンデルタール人もホモ・サピエンスと考えられるようになったため,これを除いたものが現生人類であるといえる。後期旧石器文化をになったクロマニヨン人や,ジャワ出土のワジャク人などは化石現生人類と呼ばれる。その特徴として,脳容量が 1300~1500cm3あり,額がふくらみ, (おとがい) が形成されていることなどがあげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げんせい‐じんるい【現生人類】

現在地球上に広く分布する人類、およびこれと生物学上同種の化石人類をさす名称。ホモ‐サピエンス。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんせいじんるい【現生人類】

現在生存している人類。また、これと同じ種に属する化石人類をも含めていう。ホモ-サピエンス。新人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の現生人類の言及

【新人】より

…人類進化の最終段階の人類をさす新人類neanthropic manの略称。現生人類modern manともいう。その形態特徴は,時代的に先行する猿人原人旧人段階の人類とは明らかに異なり,Homo sapiens sapiens(ホモは〈人〉,サピエンスは〈賢明な〉の意)という学名が与えられている。…

※「現生人類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

現生人類の関連キーワードHomo sapiens sapiens典型的ネアンデルタール人ラシャペルオーサン人骨ミトコンドリアDNAアフリカ単一起源説シャンスラード人ギャレーヒル人骨スワンズコム人グリマルディ人後期旧石器時代ホモサピエンスクロマニョン人メガントロプステラントロプスオモ国立公園多地域進化説シュワルベ大脳化現象柱状大腿骨タブーン人

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

現生人類の関連情報