コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不分離 ふぶんりnondisjunction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不分離
ふぶんり
nondisjunction

減数分裂の際に対をなす相同染色体が両極に分離しないで,両方とも同一極に移動する現象をいう。その結果,染色体数が1個増加した配偶子や,1個減少した配偶子を生じることになって,これらが正常な配偶子と合して3染色体性や1染色体性の個体を生じる原因となる。ショウジョウバエの卵形成の際にX染色体が不分離を起す例は C.ブリッジズによって発見された (1916) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

不分離の関連キーワードブリッジズ(Calvin Blackman Bridges)ターナー症候群ダウン症候群マジャンディ東方正教会ペシミズム染色体異常朝貢貿易異数体性比

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android