両極(読み)りょうきょく

精選版 日本国語大辞典「両極」の解説

りょう‐きょく リャウ‥【両極】

〘名〙
① 南極と北極
※管蠡秘言(1777)「恒星は大圏に〈略〉遍く列り、七曜は黄道を南北に遷還し、共に極を枢軸として常に旋転して」 〔晉書‐天文志一〕
陰極と陽極。
※舎密開宗(1837‐47)内「二三百銭を累子細き白金線或は縫衣針を以て両極とす」
※明六雑誌‐四二号(1875)人世三宝説・四〈西周〉「此二道の相反して道徳上の両極となりたること明かなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android