コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

配偶子 はいぐうし gamete

翻訳|gamete

7件 の用語解説(配偶子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

配偶子
はいぐうし
gamete

有性現象としての合体や接合に関与する細胞をいう。合体する2者が形態的に同じものを同型配偶子,形の大小などの相違を示すものを異型配偶子といい,前者の例にはミドリムシサビツボカビクラミドモナスなどが,後者の例はカワリミズカビなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はいぐう‐し【配偶子】

有性生殖で、接合合体受精にあずかり新個体をつくる生殖細胞同形配偶子異形配偶子とに分けられる。時には単独で単為生殖を行うものもある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

配偶子【はいぐうし】

単細胞の有性生殖細胞。形態的に差のない同形配偶子と,大小の差のある異形配偶子とがある。(らん)と精子とはよく分化した異形配偶子である。配偶子は合体して接合子(卵と精子の場合は受精卵)になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

配偶子

 動物では卵,精子のこと.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はいぐうし【配偶子 gamete】

有性生殖のための単一の生殖細胞で,雌雄の配偶子は合体あるいは接合する。動物およびラン藻以外の有性生殖を営む植物に広く存在する。植物では配偶体上に生じる配偶子囊gametangiumの中につくられるが,クラミドモナスChlamydomonasなどの単細胞の藻類では,配偶子は個体細胞と外形上区別がつかない。クラミドモナス,ウロツリックスなどの藻類のように,雌雄の配偶子が同形で区別がつかないものを同形配偶子isogamete雌性配偶子が大きく,雄性配偶子が小さいものを異形配偶子anisogameteという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はいぐうし【配偶子】

有性生殖において、合体や接合に関与する生殖細胞。精子や卵がその例。一般に同形の二つの配偶子、あるいは大小・雌雄など二種の配偶子の合体によって新個体が生ずるが、一つの配偶子が単為生殖により単独で新個体を生ずる場合もある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

配偶子
はいぐうし
gamete

性を異にする生物からつくられ、互いに合体して新しい個体を発生させるための生殖細胞をいう。夫婦を意味するギリシア語のガメートgameteに由来する。2個の配偶子または単細胞生物が合体してできた細胞、あるいは緑藻類や褐藻類でみられる2個の配偶子形成器官(配偶子嚢(のう))が結合して生じた細胞を接合子という。動植物の受精卵は接合子である。配偶子が形成されるときに、染色体が半減した単相細胞になる。藻類のなかには、接合子が発芽するときに減数分裂のおこるものもある。シダ植物では配偶子をつくる有性世代と、胞子をつくる無性世代がある。減数分裂は胞子形成のときにおこる。胞子が発芽して前葉体になると造卵器と造精器ができるが、卵と精子の受精卵からは倍数染色体のシダ植物になる。雌雄の配偶子が卵と精子のように形態的、機能的に異なった細胞であるとき、これらを異型配偶子という。クラミドモナスのような緑藻類や多くの有孔虫類では、合体する配偶子に形態的に差が認められないので同型配偶子という。配偶子は接合してから新個体に発生するが、ときには単独で個体発生をする単為生殖を行うこともある。[高杉 暹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の配偶子の言及

【コケ植物(苔植物)】より


[生活史]
 明瞭な世代交代を行う。すなわち,配偶子(卵細胞と精子)をつくる有性世代の植物体(配偶体)と胞子をつくる無性世代の植物体(胞子体)とが交互に繰り返される(図2)。われわれが普通に見る緑色の植物体が配偶体であり,胞子体は小さくて目だたず終生配偶体に付着しているので配偶体の一部のように見える。…

【人類遺伝学】より

…人類における遺伝現象を研究する医学,生物学の一分野で,ヒトの生命現象とその変異遺伝子染色体との関連のもとに研究する学問である。 ヒトの遺伝子の大部分は細胞の核の染色体に存在し,両親はそれぞれ自己の遺伝子の半分を,精子と卵子(配偶子)の染色体を通して子に伝達する。両親の配偶子からできた受精卵が親に似た個体に発育していく現象は,両親由来の遺伝子の指令が,栄養素などの環境の素材を利用して発現されていく過程と見なすことができる。…

【配偶体】より

配偶子をつくる有性世代の生物体。一般には胞子から発生し,配偶子囊とよばれる囊状の器官を生じ,その中に配偶子をつくる。…

※「配偶子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

配偶子の関連キーワード生殖接合藻類無性生殖雄性先熟生殖細胞性細胞有性生殖両性生殖胚細胞卵祖細胞

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

配偶子の関連情報