不安定な釣合い状態(読み)ふあんていなつりあいじょうたい(英語表記)unstable equilibrium state

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不安定な釣合い状態
ふあんていなつりあいじょうたい
unstable equilibrium state

力学系における釣合いにおいて,わずかな変位によってこわれてしまうものをいう。力学系の安定論における不安定平衡点のこと。静かに冷却された水は0℃以下になっても相転移が起らず水のままであるが,わずかな攪乱を与えるとただちに氷になってしまう。この過冷却水のように,準安定状態にあり,きわめて不安定ではあるが一応は釣合っているとみなせる熱的状態を不安定な釣合い状態という。これは熱力学的には真の意味の釣合い状態ではないが,多くのおもしろい現象が見出される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android