コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準安定状態 じゅんあんていじょうたい metastable state

2件 の用語解説(準安定状態の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

準安定状態
じゅんあんていじょうたい
metastable state

ある状況,条件における本来の安定状態とは異なる状態に系がかなり長い時間とどまるとき,この状態を準安定状態という。熱現象では過熱状態,過冷却状態,過飽和状態などがその例である。気体,液体,または固体の均一系を静かにゆっくりと加熱または冷却すると転移点をこえても相転移しないで,もとの相のままで準安定に存在する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

準安定状態

熱力学では,第一種相転移に伴う非常に寿命の長い非平衡状態をいう[長倉ほか : 1998].過飽和溶液の条件の記述に用いる語で,ある与えられた温度および圧力における濃度は,溶質(solute)に分離する確実性が潜在的に高い状態である[Wahlstrom : 1950].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

準安定状態の関連キーワード有限オートマトン新規購買初期条件準安定圧結晶作用アマガー単位キルヒホッフの昇華熱の式電位‐pH図マルチバイブレーター《中世ノルマンディーにおける農民層の状況と農業の状態》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone