コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不干渉委員会 ふかんしょういいんかいNonintervention Committee

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不干渉委員会
ふかんしょういいんかい
Nonintervention Committee

1936年7月スペイン内乱の勃発に際し,イギリスフランスは中立と不干渉を表明,イギリスの A.イーデン外相,フランスの L.ブルム首相の呼びかけで,9月9日ドイツ,イタリア,ソ連を含む 27ヵ国代表がロンドンで開いた委員会。同委員会は議論に終始して結論を出すことができず,その後内乱期間を通じて散発的に開催されたが,その間ドイツ,イタリアは反乱を起した F.フランコ将軍を積極的に援助し,結局,不干渉委員会はスペインの人民戦線政府側への援助を妨害する役割しか果さなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の不干渉委員会の言及

【スペイン内乱】より

…以上は,7月末から8月初旬にかけての経緯である。 一方,8月初め,フランスのイニシアティブでスペインにおける紛争をイベリア半島に限定するため,ヨーロッパ諸国の不干渉委員会が成立した。このフランスの提案を最も強く支持したのはイギリスであった。…

【戦間期】より

…しかしながら新政府の社会改革計画は資本側の抵抗にあって行き詰まり,さらに7月に勃発したスペイン内乱に伴う外交指導の危機にさらされ,統治能力の喪失を露呈した。人民戦線政府に対する軍部のクーデタに始まるこの内乱に際してブルム政府は,反乱側へのドイツ,イタリアの援助にもかかわらず,イギリスの圧力とフランス国内世論の分裂の危機に直面して不干渉政策を提案し,9月にはロンドンに不干渉委員会が設けられた。ちなみにフランスの干渉反対派は,親独的な保守派だけでなく非共産系左翼のうちの教条的反戦主義者や絶対平和主義者をも包含し,フランスにおける〈宥和(ゆうわ)主義〉の複雑な断面を示していた。…

※「不干渉委員会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

不干渉委員会の関連キーワード対露非干渉運動不干渉政策

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android