不連続反応系列(読み)ふれんぞくはんのうけいれつ(英語表記)discontinuous reaction series

岩石学辞典の解説

不連続反応系列

結晶相が分解熔融によって他の結晶相と液体となる場合に起こる系列.始めの結晶相は,低温で熔融体と反応して第三の相が形成される.MgO-SiO2の二成分系がその例[Bowen : 1928].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

法則の辞典の解説

不連続反応系列【discontinuous reaction series】

マグマの温度下降に伴い,早期晶出の鉱物と残液との反応によって順次晶出する相が不連続となった系列をいう.カンラン石族→輝石族→角閃石族→雲母族の系列である.これらおのおのはそれぞれ固溶体をつくるので連続反応系列を形成しているが,それらの組合せとなっている.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典内の不連続反応系列の言及

【結晶分化作用】より

…輝石は角セン石に,角セン石は雲母になることもある。このように不連続的に鉱物の種類が変化してくるものを不連続反応系列をなすという。そして最後に正長石と石英が,残液から晶出する。…

※「不連続反応系列」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android