コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世の ヨノ

デジタル大辞泉の解説

よ‐の【世の】

[連語]《天下周知の、の意から、程度のはなはだしいさまを表す》たいへんな。この上ない。
「―痴(し)れ者かな」〈徒然・四一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よの【世の】

〔「天下周知の」の意から、程度のはなはだしいさまを表す〕
世にもまれな。めったにない。またとない。 「 -しれ者かな/徒然 41

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世のの関連キーワード歌は世につれ世は歌につれアン(デンマークの)エディンバラ公世に入れられる二世の語らい神も仏もないウィンザー公辛酸を嘗める月の地底王国耳目を驚かす三世の契りセイチャン三世相命鑑方外の友世の重し世の習い撥乱反正ニックン終の別れ栄枯盛衰

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世のの関連情報