コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世一 ヨイチ

デジタル大辞泉の解説

よ‐いち【世一】

世の中で最もすぐれていること。また、そのもの。当世第一。天下一
「いけずきといふ―の馬には乗ったりけり」〈平家・九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よいち【世一】

当世第一。天下一。 「いけずきといふ-の馬には乗たりけり/平家 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世一の関連キーワード三世一身法(さんぜいっしんほう)千宗守(せんのそうしゅ)藤間勘右衛門(2代)マリ・アントアネット月はどっちに出ている坂東彦三郎(4代)中村七三郎(2代)一龍斎貞山(8世)一龍斎貞山(7世)国体(国家形態)墾田永年私財法ベルサイユ楽派一世一元の制武者小路千家小野[市]松久 宗琳撥乱反正従如上人一世一期皇国史観

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世一の関連情報