天下一(読み)てんかいち

精選版 日本国語大辞典「天下一」の解説

てんか‐いち【天下一】

〘名〙
① (形動) 天下に比べるものがないほどすぐれていること。また、そのさま。日本一。三国一。天下一品。
※太平記(14C後)三四「天下一の剛のとは是れをぞ誠にいふべきと」
近世、天下唯一の名人の意味で「天下一」の号を名乗ることを許された鋳物工、陶工などの家。また、名人をもって自任する者の作物の。織田信長・豊臣秀吉などが鏡・釜・土器などのすぐれた作者に許したのにはじまる。合戦の勇者などにも名誉の称号として与えられることがあった。のちに諸品の看板に乱用され、誇大広告に使われるなどの弊害を生じたため天和二年(一六八二)に使用が禁じられた。
※多聞院日記‐天正七年(1579)八月一九日「ふるい天下一に申付之

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「天下一」の解説

てんかいち【天下一】

鹿児島黒糖焼酎。一般的な黒糖焼酎より多量の黒糖を使用し、3次仕込みまで行う。サンゴ礁の島・沖永良部島の硬水の地下水を使用。白麹で仕込み、単式蒸留器による常圧蒸留で造る。原料は黒糖、米。アルコール度数25%、30%。蔵元の「新納酒造」は大正9年(1920)創業。所在地は大島郡知名町大字知名。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉「天下一」の解説

てんか‐いち【天下一】

この世に比べるものがないこと。日本一。三国一。「天下一板前
近世、「天下一」を名のることを許された鋳物工・陶工・能面師などの家。また、名人を自任する者が、作品につけた銘。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「天下一」の解説

天下一

大阪府大阪市、橘屋製造・販売する銘菓千成瓢箪をかたどった白餡入りのカステラ饅頭

天下一

東京都墨田区にある和菓子店、青柳正家が製造・販売する小倉羊羹

天下一

鹿児島県、新納(にいろ)酒造株式会社が製造する黒糖焼酎。

天下一

がし銘茶株式会社(東京都中央区)が販売する煎茶銘柄

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android