世界大百科事典(読み)せかいだいひゃっかじてん

百科事典マイペディアの解説

世界大百科事典【せかいだいひゃっかじてん】

日本の代表的百科事典平凡社刊。林達夫編集長とし,1955年―1959年に全32巻(のち補遺1巻追加)を刊行。大・中・小項目を併用。また1964年―1968年に索引1巻,地図2巻を含めた計26巻の新版を刊行。さらに1972年には全35巻(索引1巻,地図2巻を含む)の改訂新版が刊行された。1988年加藤周一を編集長とし,項目体系,記述を一新した新版(全35巻)を刊行。これをもとに1998年,日本の大型百科事典としては初めて本格的なCD-ROM版がつくられた。2007年には1998年以来の大規模な改訂を行い《改訂新版 世界大百科事典》(全34巻)を刊行した。
→関連項目平凡社[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉の解説

せかいだいひゃっかじてん〔セカイダイヒヤククワジテン〕【世界大百科事典】

平凡社の刊行する百科事典。昭和30年(1955)から昭和35年(1960)にかけて、全32巻を刊行。編集長は、林達夫。2007年には、加藤周一が編集長をつとめ、全34巻の改訂新版を刊行した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世界大百科事典の関連情報