コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林達夫 はやしたつお

7件 の用語解説(林達夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

林達夫
はやしたつお

[生]1896.11.20. 東京
[没]1984.4.25. 東京
評論家,翻訳家。京都大学哲学科選科で美学美術史を専攻。東洋大学津田塾大学立教大学法政大学などの講師をつとめつつ,『思想』編集にたずさわる。第2次世界大戦前の業績に『文芸復興』 (1928) ,『思想の運命』 (39) などの著作やベルグソンの『笑』の翻訳などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はやし‐たつお〔‐タツを〕【林達夫】

[1896~1984]評論家。東京の生まれ。自由主義的な思想家として、政治・思想・文化の動向に鋭い批判を加えた。平凡社の「世界大百科事典」編集長。著「思想の運命」「歴史の暮方」「共産主義的人間」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

林達夫【はやしたつお】

思想家。東京生れ。幼時を米国シアトルに過ごし,一高,京大に学ぶ。ルネサンスを中心とするヨーロッパ文化史を幅広く摂取し,アカデミージャーナリズムの接点に立って学際的に活躍。
→関連項目鎌倉アカデミアきだ・みのる東方社

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林達夫 はやし-たつお

1896-1984 昭和時代の評論家。
明治29年11月20日生まれ。昭和4年から岩波書店の「思想」を編集。戦後は中央公論社出版局長などをへて平凡社「世界大百科事典」編集長をつとめる。すぐれた識見とひろい視野をもつ啓蒙(けいもう)家として活躍。31年明大教授。昭和59年4月25日死去。87歳。東京出身。京都帝大卒。著作に「歴史の暮方(くれがた)」「共産主義的人間」など。
【格言など】政治くらい,人の善意を翻弄し,実践的勇気を悪用するものはない(「新しき幕明き」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

はやしたつお【林達夫】

1896‐1984(明治29‐昭和59)
両大戦間,第2次大戦中,戦後の時期を通じ,反戦と自由主義の立場を貫いた日本の代表的知識人。外交官の長男として東京に生まれ,幼時の4年間をアメリカのシアトルに過ごした。京都府立一中を経て,第一高等学校に入学し,その《校友会雑誌》に《歌舞伎劇に関するある考察》(1918)を発表,〈過去をふりすてよ,生温き“あれも――これも”を脱せよ,……これをとくにわたくしのうちの歌舞伎劇を愛せむとする心にむかって言いたい〉(《著作集》I)と論じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はやしたつお【林達夫】

1896~1984) 評論家。東京生まれ。京大卒。自由主義思想家として、幅広い分野で批評を展開。また、百科事典などの編集にも携わった。著「歴史の暮方」「共産主義的人間」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

林達夫
はやしたつお
(1896―1984)

思想家。東京に生まれる。京都帝国大学哲学科(選科)卒業。西洋古代から近代に至る該博な知識と絢爛(けんらん)たる文体によって、早くから洋学派の特異な思想家として知られ、1929年(昭和4)以後敗戦まで『思想』の編集にあたり、広い視野をもつ独自の思想雑誌をつくった。1930年代初め一時左傾したが、1935年以後あくまでも自由主義の立場を貫き、「歴史の暮方」などのエッセイで1941年まで時代に対する厳しい批判をやめなかった。1941年以後敗戦まで完全に沈黙を守り、1946年(昭和21)の「反語的精神」によって復活した。戦後はジャーナリストとして活躍し、多くの新人を発掘するとともに平凡社(株)に入社、編集長として『世界大百科事典』(1954~1958)を完成した。他方1951年には早くもスターリニズムを批判する「共産主義的人間」を発表し、その先駆的洞察によって戦後思想史に一石を投じた。晩年は学問の世界に閉じこもったが、1969年の「精神史――一つの方法序説」は、1970年代の世界的な知のパラダイムの変換に先鞭(せんべん)をつけた論文である。著書に『文芸復興』(1935)、『歴史の暮方』(1946)、『共産主義的人間』(1951)などがある。[渡辺一民]
『『林達夫著作集』6巻・別巻1(1971~1972、1987・平凡社) ▽『林達夫評論集』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の林達夫の言及

【鎌倉アカデミア】より

…戦争で手を汚さなかった教授陣を集め,文部省の中央集権的教育統制の外で,民主主義的な男女共学により,教授と学生とがお互いに鍛え合う学びの場をつくることを目ざした。初代校長飯塚友一郎の後をうけた三枝博音校長の下の陣容は,学監服部之総,教務課長菅井準一,文学科長林達夫,演劇科長村山知義,映画科長重宗和伸,産業科長早瀬利雄,図書部長片岡良一。のちに横浜市戸塚区小菅谷の旧海軍燃料廠に移転したが,財政難にアカの風評が重なり,50年9月に廃校となった。…

【百科事典】より

…続いて冨山房も《国民百科大辞典》全15巻(1934‐37)を刊行した。 第2次大戦の敗戦から,文化国家として立ち直ろうとするなかで,その基礎を作る役割を果たしたのは事典出版に力を注ぐ平凡社で,林達夫を編集長とした《世界大百科事典》は,戦後間もなく編集に着手し,1955‐59年に全31巻と索引を刊行した。編集方針の第1に,〈世界的視野に立ち,先進大国のみならず後進諸国の諸文化をも軽視せずに採上げる。…

※「林達夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

林達夫の関連キーワード大井広介青地晨伊藤至郎江川和彦江藤文夫大浜英子坂西志保高山毅多田鉄之助古谷綱武

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

林達夫の関連情報