コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林達夫 はやしたつお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

林達夫
はやしたつお

[生]1896.11.20. 東京
[没]1984.4.25. 東京
評論家,翻訳家。京都大学哲学科選科で美学美術史を専攻。東洋大学津田塾大学立教大学法政大学などの講師をつとめつつ,『思想』編集にたずさわる。第2次世界大戦前の業績に『文芸復興』 (1928) ,『思想の運命』 (39) などの著作やベルグソンの『笑』の翻訳などがある。戦争中は自宅でバラ栽培や養鶏をして過し,無言の抵抗を貫く。戦後は学問とジャーナリズムの接点に位置し,新人評論家を育て,また『世界大百科事典』 (33巻,1955~63) の編集長もつとめた。代表作歴史の暮方』 (46) ,スターリニズム批判の先駆として注目された『共産主義的人間』 (51) など。『達夫著作集』 (6巻,71~72) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

林達夫【はやしたつお】

思想家。東京生れ。幼時を米国シアトルに過ごし,一高,京大に学ぶ。ルネサンスを中心とするヨーロッパ文化史を幅広く摂取し,アカデミーとジャーナリズムの接点に立って学際的に活躍。
→関連項目鎌倉アカデミアきだ・みのる東方社

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林達夫 はやし-たつお

1896-1984 昭和時代の評論家。
明治29年11月20日生まれ。昭和4年から岩波書店の「思想」を編集。戦後は中央公論社出版局長などをへて平凡社「世界大百科事典」編集長をつとめる。すぐれた識見とひろい視野をもつ啓蒙(けいもう)家として活躍。31年明大教授。昭和59年4月25日死去。87歳。東京出身。京都帝大卒。著作に「歴史の暮方(くれがた)」「共産主義的人間」など。
【格言など】政治くらい,人の善意を翻弄し,実践的勇気を悪用するものはない(「新しき幕明き」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はやしたつお【林達夫】

1896‐1984(明治29‐昭和59)
両大戦間,第2次大戦中,戦後の時期を通じ,反戦と自由主義の立場を貫いた日本の代表的知識人外交官の長男として東京に生まれ,幼時の4年間をアメリカのシアトルに過ごした。京都府立一中を経て,第一高等学校に入学し,その《校友会雑誌》に《歌舞伎劇に関するある考察》(1918)を発表,〈過去をふりすてよ,生温き“あれも――これも”を脱せよ,……これをとくにわたくしのうちの歌舞伎劇を愛せむとする心にむかって言いたい〉(《著作集》I)と論じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はやしたつお【林達夫】

1896~1984) 評論家。東京生まれ。京大卒。自由主義思想家として、幅広い分野で批評を展開。また、百科事典などの編集にも携わった。著「歴史の暮方」「共産主義的人間」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

林達夫
はやしたつお
(1896―1984)

思想家。東京に生まれる。京都帝国大学哲学科(選科)卒業。西洋古代から近代に至る該博な知識と絢爛(けんらん)たる文体によって、早くから洋学派の特異な思想家として知られ、1929年(昭和4)以後敗戦まで『思想』の編集にあたり、広い視野をもつ独自の思想雑誌をつくった。1930年代初め一時左傾したが、1935年以後あくまでも自由主義の立場を貫き、「歴史の暮方」などのエッセイで1941年まで時代に対する厳しい批判をやめなかった。1941年以後敗戦まで完全に沈黙を守り、1946年(昭和21)の「反語的精神」によって復活した。戦後はジャーナリストとして活躍し、多くの新人を発掘するとともに平凡社(株)に入社、編集長として『世界大百科事典』(1954~1958)を完成した。他方1951年には早くもスターリニズムを批判する「共産主義的人間」を発表し、その先駆的洞察によって戦後思想史に一石を投じた。晩年は学問の世界に閉じこもったが、1969年の「精神史――一つの方法序説」は、1970年代の世界的な知のパラダイムの変換に先鞭(せんべん)をつけた論文である。著書に『文芸復興』(1935)、『歴史の暮方』(1946)、『共産主義的人間』(1951)などがある。[渡辺一民]
『『林達夫著作集』6巻・別巻1(1971~1972、1987・平凡社) ▽『林達夫評論集』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の林達夫の言及

【鎌倉アカデミア】より

…戦争で手を汚さなかった教授陣を集め,文部省の中央集権的教育統制の外で,民主主義的な男女共学により,教授と学生とがお互いに鍛え合う学びの場をつくることを目ざした。初代校長飯塚友一郎の後をうけた三枝博音校長の下の陣容は,学監服部之総,教務課長菅井準一,文学科長林達夫,演劇科長村山知義,映画科長重宗和伸,産業科長早瀬利雄,図書部長片岡良一。のちに横浜市戸塚区小菅谷の旧海軍燃料廠に移転したが,財政難にアカの風評が重なり,50年9月に廃校となった。…

【百科事典】より

…続いて冨山房も《国民百科大辞典》全15巻(1934‐37)を刊行した。 第2次大戦の敗戦から,文化国家として立ち直ろうとするなかで,その基礎を作る役割を果たしたのは事典出版に力を注ぐ平凡社で,林達夫を編集長とした《世界大百科事典》は,戦後間もなく編集に着手し,1955‐59年に全31巻と索引を刊行した。編集方針の第1に,〈世界的視野に立ち,先進大国のみならず後進諸国の諸文化をも軽視せずに採上げる。…

※「林達夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

林達夫の関連キーワードファーブル(Jean Henri Fabre)思想(学術雑誌)唯物論研究会下中 弥三郎きだ みのる11月20日ボルテール谷川 徹三本多 謙三萩原 延寿伊奈信男岩波書店百科事典野川遺跡谷川徹三林 達夫林巳奈夫第一書房昆虫記林三郎

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

林達夫の関連情報