コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界標準時計 セカイヒョウジュンドケイ

1件 の用語解説(世界標準時計の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せかいひょうじゅん‐どけい〔セカイヘウジユン‐〕【世界標準時計】

1秒の長さの定義に使われる高精度の時計。現在、1秒の定義と国際原子時の校正には、1967年の第13回国際度量衡総会で決定されたセシウム原子時計が使われている。より高精度の次世代世界標準時計として、ストロンチウムイッテルビウムを用いた光格子時計が候補に挙がっている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone