コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界没落体験 せかいぼつらくたいけんWeltuntergangserlebnis[ドイツ]

世界大百科事典 第2版の解説

せかいぼつらくたいけん【世界没落体験 Weltuntergangserlebnis[ドイツ]】

主として急性に発病する精神分裂病に出現する妄想体験の一つ。はじめあらゆるものが不気味で何か意味ありげに見えるが,さらに〈恐ろしい災いが切迫している〉〈無類の大災害がやってくる〉〈世界戦争が起きる〉などという世界の破滅が,強い不安や絶望をともなって体験されるもの。この体験は癲癇(てんかん)精神病や虚無妄想をともなった鬱(うつ)病にも出現する。【小見山 実】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android