絶望(読み)ぜつぼう(英語表記)despair

翻訳|despair

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絶望
ぜつぼう
despair

一般にはある不在の善を獲得し,あるいは現存する悪を排除する可能性がまったくなくなった場合の精神状態。キルケゴールは,その著『死にいたる病』で,これを哲学的,神学的に分析し,神によって措定された自己自身への関係が平衡を失することを絶望とみなし,これを克服するものが信仰であるとした。キルケゴールの思想はカミュサルトルらに大きな影響を与え,カミュは絶望のうちにとどまり,それを糧として生きることこそ実存的な人間の生き方であるとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぜつ‐ぼう〔‐バウ〕【絶望】

[名](スル)希望を失うこと。全く期待できなくなること。「深い絶望におそわれる」「将来に絶望する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜつぼう【絶望】

( 名 ) スル
すっかり望みをなくすこと。希望を失うこと。 「人生に-する」 「自分の才能に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜつ‐ぼう ‥バウ【絶望】

〘名〙 希望や期待がまったく失われること。望みがなくなること。望みを捨ててあきらめること。失望。〔漢語字類(1869)〕
田舎教師(1909)〈田山花袋〉四〇「絶望と悲哀と寂寞とに堪へ得られるやうなまことなる生活を送れ」 〔春秋左伝‐襄公一四年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絶望の関連情報