絶望(読み)ぜつぼう(英語表記)despair

翻訳|despair

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「絶望」の解説

絶望
ぜつぼう
despair

一般にはある不在を獲得し,あるいは現存する悪を排除する可能性がまったくなくなった場合の精神状態。キルケゴールは,その死にいたる病』で,これを哲学的,神学的に分析し,神によって措定された自己自身への関係が平衡を失することを絶望とみなし,これを克服するものが信仰であるとした。キルケゴールの思想カミュサルトルらに大きな影響を与え,カミュは絶望のうちにとどまり,それをとして生きることこそ実存的な人間の生き方であるとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「絶望」の解説

ぜつ‐ぼう ‥バウ【絶望】

〘名〙 希望や期待がまったく失われること。望みがなくなること。望みを捨ててあきらめること。失望。〔語字類(1869)〕
※田舎教師(1909)〈田山花袋〉四〇「絶望と悲哀と寂寞とに堪へ得られるやうなまことなる生活を送れ」 〔春秋左伝‐襄公一四年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「絶望」の解説

ぜつ‐ぼう〔‐バウ〕【絶望】

[名](スル)希望を失うこと。全く期待できなくなること。「深い絶望におそわれる」「将来に絶望する」
[類語]がっかり失望落胆失意幻滅がっくりげっそり脱力虚脱・失墜感・気落ち気抜け拍子抜け力抜け腑抜け力落とし意気阻喪しょんぼりぽつねんと悄然意気消沈しおしおすごすごしょぼしょぼしょぼくれるしょぼたれるしょぼんとしゅん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「絶望」の解説

【絶望】ぜつぼう(ばう)

望みを絶つ。漢・〔陳太丘(寔(しよく))の碑文〕會(たまたま)黨事にひ、禁固せらるること二十年、~時に年已に七十、に丘山に隱る。~大將軍何(進)・司徒袁(隗)、後招辟するも、~先生曰く、すること已に久し。(ぬぐ)ひて(死)を待たんのみと。

字通「絶」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android